ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

ブログのタイトルの付け方と文字数を分かりやすく解説

ブログのタイトルの付け方がわからない。

タイトルの付け方にはどのようなコツがあるの?文字数はどのくらいが最適?

ブログのタイトルの付け方はとても重要だと言われているけれど、その理由はなぜなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ブログのタイトルは、読者の目に一番に入ってくるものであり、記事の内容を限られた文字数で表現しなければいけません。

このためブログのタイトルの付け方は、よく考えて行う必要があります。

ブログのタイトルの付け方と文字数を分かりやすく解説

ブログのタイトルの付け方と文字数は、記事が読まれるためにとても大切です。

読者はタイトルをクリックしてブログを読みますが、クリックする理由はブログのタイトルが気になるからです。

検索結果ではブログの説明文としてディスクリプションも表示されますが、タイトルが気になるからディスクリプションを読むという流れになるため、読者は圧倒的にタイトルのほうを意識しています。

また「Google検索セントラル」のページにも、タイトルはユーザーが一目でコンテンツを判断できること、

そしてタイトルはキーワードとの関連性が高い理由を伝えるうえでかかせないもの、という内容が明記されています。

記載内容から、ブログのタイトルの付け方は、読者とGoogleの評価において大切と判断できるでしょう。

ブログのタイトルの付け方「文字数」はどのくらいが最適?

ブログのタイトルの付け方として、最適な文字数はどのくらいなのでしょうか。

結論を言うと、タイトルに最適な文字数は全角で40文字前後です。

以前は全角で32文字が最適だと考えられていましたが、これはパソコンに表示されるGoogleの検索結果で表示される文字数が32文字だったためです。

現在はスマホが主流ですので、スマホの検索結果に表示される文字数として40文字以内なら問題ありません。

よって最適な文字数として32~40文字くらいになるため、この範囲できちんとブログのよさや内容が伝わるタイトルをつけることが大切です。

ブログのタイトルの付け方6つのコツ

ブログのタイトルの付け方には6つのコツがあります。

  • 記事の内容がわかるタイトルをつける
  • 読者がクリックしたくなるタイトルをつける
  • SEOを意識してキーワードを先頭に置く
  • 第三者の記事と異なる表現を使う
  • 1つの言葉は1回だけ使う
  • ストレートな表現でタイトルをつける

記事の内容がわかるタイトルをつける

ブログのタイトルの付け方としてもっとも大切なことは、記事の内容がわかるタイトルをつけることです。

読者は気になるタイトルをクリックしますが、記事を読んだらタイトルとまったく異なる内容だった場合、即離脱します。

どんなにSEОに力を入れても、記事の内容がすばらしかったとしても、タイトルと記事の内容が一致しなければすべて水の泡です。

タイトルは記事の内容を象徴するため、タイトルの付け方のコツとして記事の内容が読み取れるタイトルをつけましょう。

読者がクリックしたくなるタイトルをつける

記事の内容にあっていることを踏まえたうえで、読者がクリックしたくなるタイトルをつけましょう。

ブログのタイトルの付け方のコツとして、まずは読者のニーズを把握して、ターゲットが思わず反応しそうなキーワードを選びます。

抱えている悩みにまず寄り添うべきであれば、不安感や恐怖心が解消される表現を盛り込みます。

ポジティブな未来が手に入ることを期待するのであれば、お得、便利さ、安心感などの表現を盛り込むようにタイトルをつけます。

擬声語を使えば感情が伝わりやすくなりますし、数字を使うことで読者は記事を読んだあとの具体的な未来が想像できます。

自分だったらこんなとき、こんな言葉があればクリックしてしまう、ということをイメージしながら、感情に突き刺さるタイトルをつけましょう。

SEOを意識してキーワードを先頭に置く

タイトルに検索キーワードを盛り込み、先頭にキーワードを置きましょう。

テクニカル面におけるブログのタイトルの付け方のコツとして、SEОを意識することも大切です。

第三者の記事と異なる表現を使う

ブログのタイトルの付け方のコツとして、実際に検索して第三者のタイトルを参考にする方もいるでしょう。

検索上位に表示されるサイトは、Googleに高く評価されているものになるため参考になります。

一方、同じ表現を使ってしまうと差別化が図れなくなってしまうため、読者はどれも同じ内容のサイトだと判断することになります。

検索上位のサイトと差別化を図るために、第三者よりも一歩先をゆくタイトルをつけることで、クリックされやすくなります。

1つの言葉は1回だけ使う

1つのタイトルにつき1つの言葉は1回限りにとどめることも、ブログのタイトルの付け方のコツになります。

何度も同じ言葉を繰り返すとしつこいタイトルになってしまい、理解されにくくなってしまいます。

どうしても同じ言葉を使わなければいけない場合は、異なる表現の単語を使いましょう。

ストレートな表現でタイトルをつける

ブログのタイトル付け方のコツとして、シンプルでストレートな表現のタイトルをつけましょう。

たとえ同じ言葉を繰り返さないために同義語や類義語で対応したとしても、できれば同じ意味の言葉は使わなくてもよいタイトルにしたいところです。

また省略しても意味が理解できる言葉はなるべく省略して、ストレートな表現のタイトルをつけましょう。

文字数が40文字までに増えたため、一生懸命記事の内容を表現するため、第三者と差別化を図るために凝ったタイトルを考えてしまう方もいます。

シンプルでストレートな表現にすることを忘れてしまい、ブログのタイトルが長くなってしまっただけ、というケースもあるでしょう。

もちろん短すぎて、第三者とは差別化できず、伝えたいことが伝わらないタイトルではクリック率が下がってしまうため、Googleの評価にも影響を与えることになりかねません。

しかしタイトルに、ムダがあってもいけません。 読者にわかりやすさを伝えることが、ブログのタイトルの付け方のコツして大切です。

ブログのタイトルの付け方と文字数を分かりやすく解説まとめ

ブログのタイトルの付け方と文字数について解説しました。

タイトルの付け方は、読者にもGoogleの評価にも大きな影響を与えるため慎重に決める必要があります。

文字数については、40文字前後が制限になりますが、長ければよいというわけではありません。

タイトルの付け方のコツは、読者に記事の内容がきちんと伝わり、思わずクリックしたくなる表現を盛り込むこと、そしてタイトルに検索キーワードを含めてつけることがもっとも大切と言えるでしょう。

また第三者との差別化を図るため他の記事と異なる表現を使うことや、ムダを省いたストレートな表現にすることも、タイトルの付け方のコツになります。