ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

LitLink (リットリンク)の足跡機能と閲覧履歴を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

LitLink (リットリンク)は足跡機能がある?

閲覧履歴を確認できるの?

自分のLitLink (リットリンク)の集客状況を確認するために足跡機能や閲覧履歴を確認したい。

他人のLitLink (リットリンク)を見ると相手にバレるのか知りたいので、足跡機能と閲覧機能が実装されているのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

LitLink (リットリンク)はSNSなどのリンクのまとめを作成できるサービスです。

ここではLitLink (リットリンク)の足跡機能と閲覧履歴について解説しちえきましょう。

LitLink (リットリンク)の足跡機能と閲覧履歴を確認したい方は多いはずです。

どのSNSからどのようなユーザーが何回プロフィールを見たのか、足跡機能や閲覧履歴から集客状況を分析したいとお考えの方がいるのではないでしょうか。

また気になる人のLitLink (リットリンク)を見に行きたいけれど、足跡機能や閲覧履歴から見たことがバレるのかどうかを知りたいとお考えの方もいるでしょう。

ここではまず、LitLink (リットリンク)には足跡機能と閲覧履歴を確認する機能が実装されているのかどうかについて解説していきます。

結論を言うと、LitLink (リットリンク)は足跡機能と閲覧履歴を確認できる機能はありません。

足跡機能と閲覧履歴を確認っできないため、プロフィールを閲覧したユーザーを個別に判断することは難しいでしょう。

一方、プロフィールを見たことがバレるのか不安に感じている方にとっては、足跡機能と閲覧履歴がないことはメリットと言えます。

足跡機能と閲覧機能がないことは、プロフィールを見たい側にとってはよい機能です。

一方、自分のプロフィールのデータ分析をしたい方にとっては不便と言えるかもしれません。

LitLink (リットリンク)は足跡機能と閲覧履歴はありませんが、プロフィールを見た人数はアナリティクスβ版から確認できます。

アナリティクスβ版とは、作成したプロフィールへのアクセスデータを取得・確認できる機能で、詳しくは以下のデータを確認することができます。

  • アクセス分析:トータルの閲覧数とクリック数
  • ページビュー:URLごとの閲覧数・クリック数・クリック率
  • リファラル:流入口となったSNSからの閲覧数
  • デバイス:閲覧者が見るために使用したデバイスの種類に応じた閲覧数

プロフィールのアクセスデータについては、トータルのページビュー数に加えて、見られたSNS、流入口になったSNS、閲覧者の数を使用したデバイスごとに把握できます。

LitLink (リットリンク)では細かくアクセスデータを取得できないため、一般的な足跡機能や閲覧履歴には及ばないと言えるでしょう。

前項の通り、LitLink (リットリンク)は足跡機能と閲覧履歴がないので、基本的にプロ―フィールを見たことを相手にバレることはありません。

ではアナリティクスβ版では、なんらかのデータによってLitLink (リットリンク)の足跡機能や閲覧履歴がバレることはあるのでしょうか。

まずアナリティクスβ版では、ユーザー属性について把握できるのは、LitLink (リットリンク)のプロフィールを見るために使用したデバイスのみです。

一方、どの人が何回、どこのSNSから来てプロフィールを見たのかという、ユーザー個人を識別できる機能は、アナリティクスβ版には実装されていません。

このためアナリティクスβ版では、LitLink (リットリンク)の足跡機能や閲覧履歴を知られることがないため、プロフィールを見たことが相手にバレたくない方も安心して利用できるでしょう。

サービスによっては、足跡機能や閲覧履歴がなかったとしても、コンテンツを閲覧することで相手に通知が届いて見たことがバレるというケースもあります。

LitLink (リットリンク)では通知機能も実装していないため、相手にプロフィールを見たことがバレることはないでしょう。

LitLink (リットリンク)の足跡機能と閲覧履歴に関する注意点をみていきましょう。

LitLink (リットリンク)には足跡履歴と閲覧履歴がないため、プロフィールを見たことがバレたくない方も安心して利用できます。

しかし悪意あるユーザーは、有害サイトへ飛ぶようにプロフィールへリンクを掲載しているというケースもあります。

被害にあわないためにも、LitLink (リットリンク)のプロフィールをむやみにクリックすることは避けることを、注意点として覚えておきましょう。

SNSの中には、足跡機能や閲覧履歴を確認できないため、多くのSNSに対応している非公式の外部ツールを活用できるサービスもあります。

LitLink (リットリンク)でも外部ツールを使用して足跡機能と閲覧履歴を確認したいという方もいるでしょうが、できる可能性はあります。

ただし現状では、外部ツールを使用してLitLink (リットリンク)の足跡機能と閲覧履歴を確認できるという声が聞かれていないため、データを取得できるのかどうかは使用した人だけが知ることができます。

気になる方は外部ツールの注意事項をよく確認して導入することができます。

もしLitLink (リットリンク)でも足跡機能や閲覧履歴を確認したいという声が多ければ、公式的に採用される可能性もあるため、運営に要望を出してみてはいかがでしょうか。

LitLink (リットリンク)の足跡機能と閲覧履歴について解説しました。

まずプロフィールの足跡機能と閲覧履歴は確認できないため、限られたデータ分析までしかできませんが、プロフィールを見たことがバレることを不安に思う方によっては都合がよいでしょう。

プロフィールのデータ分析をする方法として、アナリティクスβ版が実装されているのでぜひ活用したいところです。

アナリティクスβ版でも、プロフィールを見たユーザーの個別データは識別できないためご安心ください。