ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

LitLink (リットリンク)の自己紹介とプロフィールを分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

LitLink (リットリンク)の自己紹介はプロフィールに書けばいいの?

自己紹介を書いたプロフィールに「もっと見る」が表示されてしまうケースがあるけれど、それはなぜなの?

LitLink (リットリンク)の自己紹介とプロフィールが長文になる場合、「もっと見る」が表示されていると見づらくないのか不安。

あなたは今、このようにお考えですよね。

LitLink (リットリンク)はSNSやブログなどのリンクをまとめたサービスで、運営する各アカウント同士で流入をうながしあうことができます。

共通の趣味をもつ人同士のコミュニケーションやビジネスでの活用でも役立つLitLink (リットリンク)ですが、そこで必要になるのは自己紹介とプロフィールになるでしょう。

LitLink (リットリンク)の自己紹介は、プロフィールの項目が用意されているので、こちらに書くのが基本と考えておきましょう。

自分がどのような目的でSNSアカウントやブログを運営しているのか、LitLink (リットリンク)のプロフィールに自己紹介を書いておくことでユーザーの興味をひくことができるでしょう。

自己紹介の内容次第で、SNSやブログなどへの流入をうながすことができるので、プロフィールはLitLink (リットリンク)を利用するうえでとても大切な項目です。

プロフィールに自己紹介をわかりやすく書くことをこころがけましょう。

LitLink (リットリンク)のプロフィールに「もっと見る」が表示されるケースがありますが、これは自己紹介が長文の場合です。

プロフィールでは自己紹介の文章が3行までは全文が表示されますが、4行に達すると「もっと見る」が表示されて、4行目以降の文章は隠れてしまいます。

「もっと見る」をタップまたはクリックすれば、4行目以降の文章を表示することができますが、見栄えやユーザビリティの観点からプロフィールは長文を書くことは適していません。

LitLink (リットリンク)のページを見たユーザーにとって、「もっと見る」をタップやクリックすることは面倒なため、自己紹介の文章のすべてが読まれる確率は低いと言えるでしょう。

ページを訪れたユーザーにきちんとプロフィールを読んでもらうためには、「もっと見る」が表示されなくても自己紹介の全文を読んでもらえるようにしたいところです。

LitLink (リットリンク)のプロフィールに書く自己紹介が長文になる場合は、テキストリンクの代用がベストです。

テキストリンクとは、LitLink (リットリンク)のパーツのひとつで、テキストを入力することに長けている機能です。

メリットとして、長文を入力できること、テキストの全文または文字の一部にリンクを貼ることもできるため、テキストリンクは個々のニーズにあった使い方ができます。

長文を入力できるというメリットをいかして、プロフィール項目の代用としてテキストリンクを追加し自己紹介を入力しましょう。

プロフィールの代用としてテキストリンクに自己紹介を書く手順

まずはじめの手順は、テキストリンクを追加します。

LitLink (リットリンク)にログインしたら、画面左上にある「編集ボタン」を押して編集画面を表示します。

つづいて画面を少しだけスクロールして「リンクを追加」を押しましょう。

リンク追加のダイアログボックスが表示されたら「テキストリンク」を選択します。 つづいての手順は、テキストリンクに自己紹介を書きます。

「タイトル」を空欄にしたまま、本文に自己紹介を書き、「保存」ボタンを押してください。

これでプロフィール項目の代用として自己紹介を入力できたため、続いての手順としてデフォルトのプロフィールの項目にテキストリンクを配置します。

テキストリンクの上部にある「・・・」をドラッグしたまま、空欄の「プロフィール」項目の下まで移動させましょう。

プロフィールの配置を完了したら、最後に「編集ボタン」を押してオフにしたら、プレビューが表示されるので確認してください。

これでLitLink (リットリンク)のプロフィールに書く自己紹介が長文になる場合の対処法として、テキストリンクを代用するやり方は完了となります。

空欄になったプロフィール項目について

なお空欄になったプロフィールやテキストリンクの「タイトル」を削除したいとお考えの方もいるでしょうが、この項目は削除できません。

ただしを空欄にしても、LitLink (リットリンク)のページには空欄の項目については表示されないしくみになっているため、デザインを損なうことはないことから問題ないと言えるでしょう。

プロフィールとテキストリンクに関わらず、人によってLitLink (リットリンク)の自己紹介の文字が小さくて読みにくいことがあります。

文字が小さくて読みにくい時の対処法は、LitLink (リットリンク)の文字サイズを大に変更しましょう。

変更するやり方は、「編集ボタン」をオンにして、その下にある「テキストボタン」を押します。

フォント設定のダイアログにある、文字の大きさを示す「大」のボタンを選択し「OK」ボタンを押してください。

LitLink (リットリンク)の自己紹介とプロフィールについて解説しました。

自己紹介は基本的にプロフィールの項目に書きます。

ただし自己紹介が長文になる場合は、プロフィールに「もっと見る」が表示されて自己紹介の全文を読むためには、ここをタップまたはクリックしてもらわなければなりません。

そこでプロフィール項目の代用としてテキストリンクを利用することをおすすめします。

テキストリンクを利用すれば、自己紹介が長文になっても全文がプロフィールとして表示されます。

人によってはLitLink (リットリンク)全体の文字が小さくて読みづらいという方もいるため、そのような場合の対処方法として文字の大きさを「大」に設定することをおすすめします。