ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

LitLink (リットリンク)のlineなしとlineバレるを分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

LitLink (リットリンク)はlineなしでも登録できるの?

もしline連携した場合、LitLink (リットリンク)のアカウントが友だちや知人にバレるリスクはある?

個人情報の漏洩によりlineアカウントがバレるリスクはあるの?

LitLink (リットリンク)のline連携のメリットとデメリットは?

あなたは今、このようにお考えですよね。

LitLink (リットリンク)はline連携による登録をバックアップしていますが、lineなしで登録できるのか、lineがバレるリスクはあるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

LitLink (リットリンク)はlineなしの登録としてメールアドレスでも行うことができます。

メールアドレスでの登録ならば、万が一個人情報の漏洩が発生しても、lineがバレるリスクは0でしょう。

そもそもLitLink (リットリンク)は個人情報の漏洩リスクがあるのか、不安を感じる方もいるはずです。

結論を言うと、インターネット上でユーザー登録を行うこと自体、個人情報の漏洩リスクはつきものですので、漏洩リスクについてはLitLink (リットリンク)に限ったことではありません。

そのようなリスクを考えれば、日頃の連絡手段として利用しているlineよりもメールアドレスでのアカウント登録のほうがおすすめです。

注意点として、個人情報の漏洩リスクを意識するのであれば、LitLink (リットリンク)の登録に使用するメールアドレスは、Webメールで行う必要があります。

Webメールは無料で自由に取得や解除ができるため、万が一情報の漏洩が起こっても、lineアカウントには影響がないため、LitLink (リットリンク)の登録でも気軽に利用できます。

ではもうひとつ、line連携でLitLink (リットリンク)が友だちにバレるリスクはあるのかどうかも気になるところです。

結論を言うと、LitLink (リットリンク)のURLを教えない限り、友だちや知人にバレることはありません。

ウェブサービスの中には、拡散目的としてline連携の機能が実装されているサービスもあり、サービスで投稿を作成すると同時に、lineにも自動投稿されるサービスもありますが、LitLink (リットリンク)のline連携とは無関係です。

LitLink (リットリンク)のline連携は、サービスのアカウントとしてlineアカウントを登録することが目的ですので、連携してもlineからLitLink (リットリンク)が友だちにバレることはありませんのでご安心ください。

LitLink (リットリンク)のlineなしの登録とline連携による登録における、個人情報の漏洩や友だちにバレるリスクを解説しましたが、どちらのほうがおすすめなのでしょうか。

結論を言うと、LitLink (リットリンク)はlineなしの登録がおすすめです。

万が一の情報漏洩のリスクはもちろんですが、もっともおすすめしたい理由として、パソコンとスマホの両方からLitLink (リットリンク)を作成できるからです。

パソコンからの作成は画面が大きいため作業効率はアップしますし、スマホではブラウザからLitLink (リットリンク)を利用できるため場所を選ばないというメリットもあります。

一方、lineなしの登録におけるデメリットをしいてあげるとすれば、LitLink (リットリンク)の公式ブログではメールアドレス登録の場合、一部の機能が非対応になると明記されています。

実際にLitLink (リットリンク)を利用してみたところ、lineなし・ありの登録の場合についての、2つの機能の違いについてはよくわかりませんでした。

そのようなことから、LitLink (リットリンク)の登録はメールアドレスをおすすめします。

lineなしの登録をおすすめしましたが、つづいてその反対にLitLink (リットリンク)のline連携で登録するメリットとデメリットをみていきましょう。

  • 毎回ログイン情報を入力する手間がない
  • スマホでの操作がスムーズ
  • すべての機能を使える?

line連携で登録するメリットとしてもっとも大きいことは、LitLink (リットリンク)を利用するたびにログインする必要がないことです。

初回の登録時にline連携の手続きを行うことでログイン状態がつづくため、次回以降はlineアプリを起動するだけでLitLink (リットリンク)を作成できます。

これはlineなしの登録では実現できないメリットだと言えるでしょう。

もちろん前項の解説の通り、lineがバレることもないため、安心して利用できることもメリットです。

  • 複数アカウントの登録に不向き
  • LINE連携は解除できない
  • 万が一のLINEアカウント乗っ取りでLitLink (リットリンク)も利用できなくなる

一方、line連携で登録するデメリットは、LitLink (リットリンク)での複数アカウントの登録に向かないことです。

1つ目のアカウントでline連携をしている場合、2つ目以降のアカウントでもline連携をするのであれば、もうひとつlineアカウントを取得しなければならず、Webメールの発行よりも手間がかかります。

またline連携済みのLitLink (リットリンク)のアカウントを、メールアドレスに変更することができないこともデメリットです。

もしline連携を解除するのであれば、LitLink (リットリンク)を一度退会して、再登録をメールアドレスで行う必要があります。

先にメールアドレスを登録しているのであれば、途中からline連携に変更できるため、初回の登録はlineなしで行うことをおすすめします。

数あるSNSの中でも、LINEはアカウントがバレてしまうという乗っ取りのリスクは低いと考えられます。

しかし万が一のときにSNSとLitLink (リットリンク)の両方が利用できなくなるリスクがあるため、被害は大きくなることもデメリットとして理解しておくべきなのかもしれません。

LitLink (リットリンク)はlineなしの登録なら、個人情報が漏洩した場合であってもlineアカウントがバレるリスクは0です。

一方、line連携で登録してもLitLink (リットリンク)が友だちにバレるリスクもありません。

line連携のメリットとデメリットをよく考えたうえで、lineなしか連携で登録するのかを判断してみてはいかがでしょうか。