ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

LitLink (リットリンク)の余白機能を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

LitLink (リットリンク)の余白機能の使い方を知りたい。

ところでLitLink (リットリンク)は余白機能が実装されているの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

LitLink (リットリンク)のプロフィールの見栄えや見やすさを調整するために、余白を設定したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではLitLink (リットリンク)の余白機能の使い方や、どこの余白を調整できるのかについて詳しく解説していきましょう。

LitLink (リットリンク)の余白機能とは、プロフィールで設定できる5種類のリンクの間に配置できる余白スペースをさしています。

余白機能を利用することで、リンクとリンクの間隔を調整できるため、プロフィールの見栄えを整えることができるでしょう。

LitLink (リットリンク)の余白機能では、3タイプの余白の間隔を設定でき、S・M・Lのいずれかを選択できます。

Sがもっとも余白の間隔が狭く、つづいてM、もっとも広いのはLになるため、ニーズに沿った余白を設定できます。

LitLink (リットリンク)の余白機能についても、直感的な操作で設定することができます。

LitLink (リットリンク)の余白機能の使い方として、余白の追加方法と削除方法についてみていきます。

余白の追加方法

余白機能の使い方として、まずは余白の追加方法をみていきましょう。

追加方法の使い方は、LitLink (リットリンク)の「余白を追加」ボタンを押します。

つづいて余白の大きさを選択というポップアップが表示されたら、S・M・Lの中から選択しましょう。

これでプロフィールに余白が追加されるので、あとは余白の配置を行うために、追加した余白の「・・・」をドラッグ(長押し)して移動すれば完了です。

あとは「編集ボタン」をオフにして、プレビュー画面を確認すれば余白を追加したところに間隔ができていることを確認できます。

LitLink (リットリンク)の余白機能の使い方は、誰でも簡単に行うことができることがメリットです。

余白の削除方法

では余白機能ではもうひとつの使い方として、追加したものの不要になってしまった余白の削除方法にも対応しています。

削除方法の使い方は、LitLink (リットリンク)に追加した余白に表示されている「×」をクリックまたはタップしましょう。

たったこれだけで、余白の削除方法は完了となります。

LitLink (リットリンク)の余白機能では、リンク間の余白の追加と削除のみできます。

ただし余白の間隔はカスタマイズすることはできません。

プロフィールのアイコンや名前、SNSアイコンの配置はすでに固定された状態ですので、こちらについても余白の追加やカスタマイズは出来ないと考えておきましょう。

またプロフィール内の上下左右の余白を調整することもできないため、LitLink (リットリンク)の余白機能は限定的な使い方に制限されています。

唯一LitLink (リットリンク)の余白機能で、リンク間の余白を調整できるとすれば、余白の間隔を広げるくらいになるでしょう。

余白の間隔を広げたい場合は、複数の余白を追加してください。

S・M・Lと3タイプの間隔から余白を選べることから、LitLink (リットリンク)の余白機能を上手に活用すれば、理想に近いプロフィールを作ることができます。

LitLink (リットリンク)は余白機能を使わなくても、デフォルトの配置で十分に見栄えのよいプロフィールに仕上がっています。

では余白機能の上手な活用方法は、どのようにすればよいのでしょうか。

それは余白を設定することで、特定のリンクを目立たせることができます。

目立たせたいリンクの上下に余白を追加すれば、その他のリンクとの間隔が空くため、もっとも注目してほしいリンクが引き立ちます。

たとえば動画クリエイターを前面に押し出していてLitLink (リットリンク)のプロフィールでアピールしたい場合、動画リンクの上下にLの余白を設定します。

もちろん余白によって、動画リンクを目立たせることができることは、LitLink (リットリンク)の余白機能を活用する大きなメリットと言えます。

LitLink (リットリンク)の余白機能の注意点をみていきましょう。

余白エリアでは文字を入力することができません。

一見、余白はテキストボックスのようにも見えますが、余白には文字を入力するしくみは備わっていないためご注意ください。

もしLitLink (リットリンク)でテキストボックスを追加したい場合は、テキストリンクの追加を行いましょう。

テキストリンクを追加するやり方は、編集画面にある「リンクを追加」ボタンを押して、「テキストリンク」を選んで文字を入力してください。

なおテキストリンクは長文も入力できますし、一部の文字を選んでリンクを貼ることもできます。

余白機能ではテキストを追加できないことを注意点として覚えておいてください。

LitLink (リットリンク)の余白機能を解説しました。

余白機能の使い方は、余白の追加と削除にわかれており、プロフィールで自由に設定できます。

サイズはS、M、Lとわかりやすい3タイプから選択して配置するだけですので、簡単に使えることはメリットでしょう。

2022年1月、LitLink (リットリンク)の余白機能がリリースされたため、最近まで使っていなかったという方は、余白機能が実装されたことを知らない方も多いはずです。

LitLink (リットリンク)での余白機能の使い方をマスターして、自分の理想に見合ったプロフィールを作成してください。