ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)のビジネスモデルと運営会社を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)のビジネスモデルはどのようになっているの?

ところでnote(ノート)の運営会社はどこなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)はブログのように記事を書いて、フォロワーを集めて販売し、収益化をめざせるプラットフォームです。

プラットフォーム上で収益化をめざすことから、note(ノート)のビジネスモデルや運営会社の安全性について気になる方もいるのではないでしょうか。

note(ノート)のビジネスモデルと運営会社を分かりやすく解説

note(ノート)のビジネスモデルと運営会社を流れに沿って解説します。

  • 目次1.note(ノート)のビジネスモデル
  • 目次2.note(ノート)の運営会社

note(ノート)のビジネスモデル

note(ノート)のビジネスモデルは、フリーミアモデルになります。

フリーミアモデルとは、基本的なサービスを無料で提供し体験してもらい、質の高い有料サービスでマネタイズを行うビジネスモデルをさしています。

クリエイターが無料で記事を書き、フォロワーも無料でコンテンツを読むことができるnote(ノート)は、無料で試すことができるため登録までのハードルは下がります。

一方、質の高い情報を提供する有料noteは、フォロワーの購入による売上代金の一部が販売手数料として相殺され、note(ノート)の収益として、マネタイズするというしくみです。

さらに質の高いクリエイターのnote(ノート)の記事をまとめて本を出版することで、さらなるマネタイズをめざすことができます。

すでにフォロワーや読者を抱えることから収益化が見込めるため、出版のハードルは下がるでしょう。

出版を夢見るクリエイターも多いため、同じように出版をめざしたいフォロワーや、クリエイターの記事にひかれた読者に、note(ノート)を拡散して登録をうながす効果も期待できます。

サービスが育っていくほど無料noteであらたなユーザー獲得も期待でき、有料noteの購買率も高まります。

note(ノート)のビジネスモデルであるフリーミアモデルのメリットは、質の高いコンテンツを提供するクリエイターを発掘しマネタイズにつなげること、そしてあらたなユーザー獲得につながることでしょう。

note(ノート)の運営会社

note(ノート)の運営会社は「note株式会社」です。

創業は2011年「株式会社ピースオブケイク」として運営をスタートし、コンテンツ配信サイト「cakes(ケイクス)」のサービスを開始しており、2014年にnote(ノート)のサービス提供を開始しました。

そして2020年「note株式会社」に会社名を変更しています。

2020年4月にはnote(ノート)の月間アクティブユーザー数が4,400万にまで到達しています。

note(ノート)の事業内容は、デジタルコンテンツの企画・制作・配信で「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をコンセプトにサービスの提供を行っています。

主要株主は、電通デジタル、日本経済新聞社、文藝春秋などの有名企業があげられることから、note(ノート)の運営会社の信頼性や安全性は高いと考えてよいでしょう。

2022年8月31日にnote(ノート)はcakes(ケイクス)のサービスを終了

2022年8月31日note(ノート)の運営会社は、cakesのサービスを終了しました。

サービス終了に伴い、すでに掲載されているcakesの記事はどうなってしまうのか、不安や不満を感じるクリエイターの声が聞こえていました。

結局、cakesの記事データは、クリエイターが請求を行えば運営会社が寄稿データの返却を行うという対応をとり、サービス終了を迎えています。

返却した原稿の権利はクリエイターがもち、note(ノート)やブログでの再投稿も認められています。

この対応について、note(ノート)の運営会社は信頼性が高いと言えるでしょう。

過去、他社サービスでも同じようなケースがありましたが、サービスが終了するにもかかわらず現行の権利はサービス側にあると主張し、ブログでの公開を禁止するサービスも実在します。

たしかにcakes終了によってリンク切れやリダイレクトで対応することが難しいという問題もあり、収益性を意識するクリエイターから不満の声が聞こえてきています。

その一方で原稿を大切にしたいと考えるクリエイターに寄り添ったnote(ノート)の運営会社の対応は、良心的と言えるでしょう。

note(ノート)の運営会社の信頼性や安全性は高いものの、cakes同様にプラットフォームに依存していることから、万が一のサービス終了時におけるリスクについては心得ておく必要がありそうです。

よりnote(ノート)を安全に運営するためには、有料サービスを利用する必要がありますが、高額にのぼるというデメリットもあります。

もし何十年という長期にわたって価値あるコンテンツを育てたいのであれば、note(ノート)ではなくブログを利用するというのも選択肢のひとつでしょう。

note(ノート)のビジネスモデルと運営会社を分かりやすく解説

note(ノート)のビジネスモデルは、フリーミアモデルになります。

ユーザーは無料でnote(ノート)を利用でき、質の高いクリエイターからマネタイズを行うというビジネスモデルを採用しています。

note(ノート)の運営会社は、株主や運営実績などからも安全性は信頼性は高いと考えてよいでしょう。

またcakesのサービス終了における原稿データの返却における一件から、note(ノート)の運営会社はユーザーに寄り添ったサービスを提供すると言えます。

note(ノート)の運営会社は信頼性が高いですが、同じようなリスクがあることは視野に入れてサービスを利用する必要はあると言えるでしょう。