ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の副業を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の副業の始め方はどのようにしたらいいの?

副業としてnote(ノート)を始めたいけれど、どのようなしくみで収益化できるの?

たとえ副業だったとしても、note(ノート)を始めると確定申告が必要になるって言われているけれど本当?

あなたは今、このような疑問を抱えているのではないでしょうか。

note(ノート)の副業を分かりやすく解説

note(ノート) 副業を流れに沿って解説します。

  • 目次1.note(ノート)は副業できるプラットフォーム
  • 目次2.副業の始め方
  • 目次3.note(ノート)の副業に関する注意点
  • 目次4.副業は確定申告が必要

note(ノート)は副業できるプラットフォーム

note(ノート)で副業できる理由は、収益化できるしくみが備わったプラットフォームだからです。

自分が書いた文章をはじめ、画像や動画、音楽などを投稿して販売し、売れた場合にnote(ノート)の収益を受け取ることができます。

さまざまなコンテンツを販売して収益化できることから、多方面のジャンルで活躍するクリエイターに人気のプラットフォームとなっています。

では副業をはじめる方がもっとも知りたいであろう、note(ノート)の収益についてもう少し詳しくみていきましょう。

note(ノート)の収益化のしくみは3つ

副業としてnote(ノート)を収益化するしくみは、基本的に3つです。

  • 有料記事の販売
  • マガジンの販売
  • クリエイターサポート

記事を書いて有料記事として投稿すれば、note(ノート)で販売でき、売れた場合に収益を受け取れます。

価格は100~10,000円の間で自由に設定できます。 マガジンは、複数の有料コンテンツをまとめて販売できますが、売り方にコツがあります。

たとえば単価200円の有料記事を10記事をマガジンとして売る場合、1,800円に設定して1記事分を割引価格にすると売れやすくなります。

クリエイターサポートは、いわゆる投げ銭できる機能をさしており、応援したいクリエイターに寄付できます。

note(ノート)では有料投稿だけでなく無料投稿もできますが、どちらの記事でもクリエイターサポートを投げてもらうことができるため、無料記事を収益化することもできるでしょう。

もうひとつ、note(ノート)の収益化のやり方として、Amazonアソシエイトによるアフィリエイトもできますが、制限が多いため副業におすすめできません。

note(ノート)はSNS機能も実装している

note(ノート)は投稿して終わりではなく、クリエイター同士またはクリエイターとユーザーとコミュニケーションがとれるSNSのような特徴をもっています。

コンテンツにスキやコメントができ、Twitterのようなつぶやきも投稿できるなど、ユーザー同士でつながりをつくることもできます。

またつながりによって収益が発生する可能性は大きいため、note(ノート)で副業を始めるのであればぜひ活用したいところでしょう。

マイペースにコンテンツの制作と投稿・販売ができることから、空いた時間に自分のペースで取り組めることはnote(ノート)で副業するメリットと言えるでしょう。

note(ノート)の副業の始め方

note(ノート)による副業の始め方における手順は、わずか3ステップです。

  • 手順1.会員登録する
  • 手順2.note(ノート)を書く
  • 手順3.記事を投稿する

手順1.note(ノート)で会員登録する

会員登録フォームに、note(ノート)のメールアドレスとパスワード、サービス内で表示する名前を登録しましょう。

認証メールが届きますので、メール内のURLをクリックすればアカウントの登録は完了するため、note(ノート)の始め方はとても簡単です。

手順2.有料記事を書く

登録を完了すれば、すぐにnote(ノート)で有料記事を書くことができます。

ログインした状態でマイページから「投稿」に進み「テキスト」をクリックして、記事を書きましょう。

記事の内容は基本的にどのようなものでもかまいません。

ただし副業するときの始め方として意識していただきたいことは「お金を払ってでも読みたい」「ここでしか買えない記事だ」と思ってもらえるような記事を書く必要があることでしょう。

手順3.記事を投稿する

記事を書き終えたら、書いた記事を「有料記事」に設定してnote(ノート)に投稿しましょう。

投稿するやり方は、「公開設定」に進み「販売設定」を有料に設定してから「投稿」することです。

副業でnote(ノート)をはじめるのですから記事を収益化できるように設定する必要があることを、始め方として覚えておきましょう。

またハッシュタグを設定すれば、note(ノート)の集客効果が期待できるため、ぜひ活用してください。

note(ノート)の副業に関する注意点

note(ノート)の副業に関する注意点をいくつかみていきます。

note(ノート)のアプリは副業できない

note(ノート)は公式アプリを採用しており、記事の投稿はできるものの、有料販売はできません。

すなわちアプリでは副業できないため、注意点としてPC・スマホに関係なくブラウザ版のnote(ノート)からコンテンツの投稿を行いましょう。

副業なら収益化に適した「プレミアム会員」がおすすめ

ある程度コンテンツ作成に自信があり、note(ノート)の副業を検討している方は、月額500円でさまざまな特典がつくプレミアム会員がおすすめです。

プレミアム会員に関する大きなメリットとして、以下があげられます。

  • 販売価格の上限が10,000円のところ50,000円で設定できる
  • 月額制の定期購読マガジンを発行できる
  • 発行できるマガジンの上限が21個のところ1,000個になる

どれもnote(ノート)の収益に影響を与えるものであり、副業において稼ぎやすくなることは大きなメリットでしょう。

初心者はある程度の収益性が見込めるようになってから加入を検討してもよいかもしれませんが、上級者は一般会員よりも収益性を高くすることができます。

プレミアム会員に気付かなかったために、コンテンツに見合うクオリティの売上を受け取ることができないという可能性もあるでしょう。

そのようなことがないよう、副業を始めるときの注意点としてプレミアム会員があることを覚えておいてください。

note(ノート)の副業で確定申告が必要になる目安

note(ノート)の副業で確定申告が必要になるのは、目安として年間所得が20万円を超えた場合です。

本業は職場が源泉徴収するので必要ありませんが、それ以外の所得については自分で確定申告して所得税と住民税を納める必要があります。

収入がnote(ノート)と本業だけの場合は、note(ノート)の収入から経費を相殺して、それでも所得が年間20万円を超えてしまっている場合は確定申告を行いましょう。

note(ノート)の副業を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の副業について解説しました。

収益化できるしくみが整っていて、自分のペースではじめられるnote(ノート)は副業におすすめです。

副業の始め方や注意点、note(ノート)で確定申告が必要になる目安についてまとめましたので、

これから副業を始めたい方はぜひ参考になさってください。