ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の販売方法のコツを分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の販売方法のコツを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は有料記事を書き、コンテンツとして販売できるクリエイター向けのサービスです。

有料記事はnote(ノート)の収益化におけるしくみの中で、もっともメインと言えるので、効果的な販売方法のコツを知りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここでは有料記事にスポットを当てて、note(ノート)の販売方法のコツについて解説していきましょう。

note(ノート)の販売方法のコツを分かりやすく解説

note(ノート)の販売方法のコツを流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)の記事のテーマは狭く絞る
  • 目次2.記事は読者の悩みを解決する内容がベスト
  • 目次3.無料記事の部分で読者を説得しきる
  • 目次4.note(ノート)の投稿時間も意識する
  • 目次5.有料マガジンを活用する
  • 目次6.note(ノート)の集客にツイッターを利用する

note(ノート)の販売方法のコツは記事のテーマを狭く絞る

note(ノート)の販売方法のコツとして、まずは有料記事のテーマを狭く絞りましょう。

プロ・アマ問わずなんらかのクリエイターでユーザーの大半を占めているnote(ノート)には、すでに充実した内容の記事がたくさん公開されています。

売上を得るためには、読者にお金を払ってでも読みたいと思ってもらう必要があり、そのためには他のクリエイターと差別化できる情報を提供して、負けないレベルの深い内容の記事を書く必要があります。

すでにライターとして活躍している方なら話は別ですが、一般的にテーマを広くしてしまうと、どうしても内容が薄くなりがちです。

また集客の観点においても、大きなテーマの記事はライバルが多すぎてしまい、よほど内容の濃い記事を書かなければ売り上げどころか読まれることも難しくなります。

できるだけテーマを狭く絞り、誰にでも伝わるよう具体的に記事を書くことは、note(ノート)の販売方法のコツと言えるでしょう。

note(ノート)の販売方法のコツは読者の悩みを解決する内容がベスト

note(ノート)の販売方法のコツは、やはり読者の悩みを解決する内容がベストでしょう。

悩みを解決する記事はを書くことは、note(ノート)の有料記事で売上をあげるためのコツと言われていますが、その通りです。

ユーザーが記事を読む目的の多くは悩みを解決するためです。

読者が自分の悩みを解決するために買ってでも読みたいと思えるようなnote(ノート)を書くことが、販売方法のコツと言えるでしょう。

自分の体験や意見をベースに有料記事を書けば具体的に書けますし、

オリジナリティの高い内容になり、自分にしか書けない・ここでしか買えない記事が書けるため、意識してみましょう。

note(ノート)の販売方法のコツは無料記事の部分で読者を説得しきる

note(ノート)の販売方法のコツは、有料記事の無料部分できちんと読者を説得しきることです。

有料記事は2部構成になっており前半は無料記事になりますので、無料部分で読者の悩みに寄り沿い、この記事のつづきを買ってでも読みたいと思ってもらえるように書くことが大切です。

この有料記事を買って読めばどのようになるのかがわかるように、できるだけ具体的に記事を書くことも、note(ノート)の販売方法のコツと言えます。

セールスライティングをテンプレートにすれば、刺さる記事が書きやすくなります。

note(ノート)の販売方法のコツはマガジンを活用する

ここまではnote(ノート)の販売方法のコツとして、記事の内容や書き方にフォーカスをあててきましたが、有料記事の売り方も意識すべきです。

販売方法のコツとして、「マガジン」を活用しましょう。

有料マガジンは、複数のマガジンをまとめ売りできることから、大きな収益を見込める販売方法です。

たとえば単価が500円の有料記事も、10記事セットのマガジンでは5,000円の売上になります。

マガジンの販売方法のコツは、まとめて買うことによる特典として割引価格で提供する方法でえしょう。

note(ノート)のユーザーに利用されている方法は、1記事ぶんの割引き価格として5,000円のマガジンを4,500円で販売できます。

一方、定期購読マガジンは、月額制でnote(ノート)を定期配信できるスタイルです。

note(ノート)のプレミアム会員だけが利用できる販売方法で、会費として月額500円がかかりますが、定期購読マガジンや予約投稿の機能を使うことができます。

定期購読マガジンは有料会員になるため検討する必要がありますが、

有料マガジンは無料で利用でき、1記事づつ売るよりも収益性が見込めるため、note(ノート)の販売方法のコツとしてぜひ活用したいところです。

note(ノート)の販売方法のコツは投稿時間も意識する

note(ノート)の販売方法のコツは、書いた記事を投稿する時間も意識すべきです。

アクティブユーザー数が多い時間帯に投稿するほうが、読まれやすくなるでしょう。

無料記事の部分を読まれなければ有料記事の売上にはつながらないことから、もっとも読まれやすい時間帯に投稿することは販売方法のコツとして大切です。

note(ノート)のアクティブユーザー数が多い時間帯は、平日・休日に関係なく17~23時までだと言われています。

そして土日は7~23時までユーザーの利用率が高いため、こちらの時間帯を狙ってnote(ノート)の投稿を行い売上をめざしましょう。

note(ノート)の販売方法のコツはツイッターで集客する

note(ノート)の販売方法のコツは集客も重要で、どんなに良質な記事を書いても、集客できなければ有料記事を売ることができません。

集客方法として有料記事の投稿時にハッシュタグをつけることはもちろん大切ですが、ツイッターを活用するやり方もかかせない方法と言えます。

ツイッターを活用するとnote(ノート)の外部からも集客できます。

数あるSNSの中でも拡散力に優れているため、note(ノート)の集客として重宝し、読者を増やすことができます。

note(ノート)の販売方法のコツを分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の販売方法のコツを解説しました。

よく売れる有料記事は悩みを解決する記事であり、自分にしか書けない・ここでしか買えないオリジナルの情報を書くことがベストです。

体験をもとにして具体的に詳しく読者に刺さるように書くことが、まずは販売方法のコツでしょう。

これを踏まえてnote(ノート)の無料部分できちんと説得する記事を書きましょう。

また記事の書き方以外にもマガジンを活用してまとめ売りする、投稿時間を意識する、集客にツイッターを活用することも販売方法のコツとして大切です。