ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の返金設定について分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の返金設定ってなに?

返金設定のやり方はどのようにしたらいいの?

note(ノート)のユーザーに気持ちよくコンテンツを購入するために返金設定をしたいけれど、快適に利用するために利用時の注意点を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)はクリエイターが書いた記事を販売し、他のユーザーがコンテンツを購入できるサービスです。

ユーザー間でコンテンツの売買ができるnote(ノート)ですが、個人間でのやりとりになるため、トラブルになる可能性もあるでしょう。

ユーザー間のトラブルを避けたいクリエイターに向けてnote(ノート)の返金設定について解説していきます。

note(ノート)の返金設定を分かりやすく解説

note(ノート)の返金設定を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)の返金設定とは?
  • 目次2.note(ノート)の返金設定のやり方
  • 目次3.返金設定のよくある質問

note(ノート)の返金設定とは?

note(ノート)の返金設定とは、有料記事の購入から原則24時間以内であれば、ユーザーは返金申請できるというサービスです。

クリエイターが返金設定を行っている有料記事であれば、ユーザーはnote(ノート)の購入履歴のページから返金申請の手続きができます。

申請を完了するとnote(ノート)で返金の審査に入り、無事承認されるとクリエイターとの購入契約が解除されて、返金を受けることができるという流れです。

一方、note(ノート)が返金不可と判断した場合、またはnote(ノート)の会員でないユーザーは、有料記事の返金ができないと言う条件を設けています。

過去、返金設定などのシステムを実装しておらずnote(ノート)ではユーザーが個別に対応しなければいけないという手間がありました。

返金設定を実装することにより、ユーザーはよりよいコンテンツを購入できる、クリエイターは質の高いコンテンツの制作を意識できます。

さらに公式的に返金設定を実装することにより、note(ノート)のユーザー間におけるトラブルを防げるというメリットがあります。

note(ノート)の返金設定のやり方

note(ノート)の返金設定のやり方をみていきましょう。

コンテンツの作成を終えたら、「公開設定」をクリックします。

販売設定から「有料」を選択して、「価格」を入力したら、返金設定の購入者からの「返金申請を受け付ける」にあるチェックボックスがオンになっていることを確認しましょう。

もしオフになっている場合は、チェックボックスをオンに変更してください。

できたら「有料エリア設定」をクリックして、有料エリアになる投稿を設定して、最後に「公開」をクリックしましょう。

note(ノート)の返金設定のよくある質問

note(ノート)の返金設定でよくある質問についてまとめました。

note(ノート)の返金設定ができるコンテンツは?

返金設定ができるnote(ノート)のコンテンツは、有料記事のみです。

有料マガジン、定期購読マガジン、サポート、noteプレミアム、メンバーシップのプランなどは、返金設定ができません。

クリエイターが「返金申請を受け付ける」と設定した有料記事であれば、返金ができます

note(ノート)の返金設定は変更できる?

note(ノート)の「公開設定」から何度でも変更できます。

はじめに返金設定をせずに有料記事を投稿したものの、あとから設定をしたくなったという場合もnote(ノート)で変更できます。

逆に返金設定していた記事の設定も解除できるため、クリエイターのニーズに応じて自由に設定を変更できます。

返金に対応しなければいけないのは、ユーザーがコンテンツ購入した時点で「返金申請を受け付ける」と設定した有料記事です。

たとえ変更したとしても、ユーザーが購入した時点で「返金申請を受け付けない」の設定だった有料記事は、note(ノート)のルール上、返金しなくても問題ありません。

note(ノート)の返金設定をした記事としていない記事をユーザーは区別できる?

クリエイターが返金設定していない記事は、オレンジで「返金不可」とラベルが表示されるため、この有料記事は返金申請ができないことが確認できます。

返金設定した記事としていない記事をユーザーは区別できるためご安心ください。

note(ノート)の返金をいたずら目的で繰り返すユーザーへの対応は?

悪意ある返金を繰り返す読者を特定したら、ニックネームやnoteID(URL)などユーザーを特定できる情報とともに、note(ノート)の運営事務局に通報しましょう。

状況を確認し「返金機能」を悪用したユーザーは、note(ノート)によりアカウント停止などの厳正な対応を検討します。

note(ノート)はいたずらを防ぐために、返金済みの有料記事の再購入は「返金申請」ボタンが表示されないしくみですのでご安心ください。

note(ノート)の返金設定のリリースにより売上の確定日が変更したって本当?

2020年1月、note(ノート)の返金設定のリリースにより、クリエイターの売上の確定日が、毎月1日から2日へ変更になりました。

変更になった理由は、購入されてから24時間以内は「返金申請」が行なわれる可能性があり、このシステムに対応するためです。

売上申請は、毎月2日になりますので心得ておきましょう。

note(ノート)の返金申請の審査に落ちたユーザーへ個人的に返金することはできる?

運営の返金審査に落ちたユーザーへの返金について、note(ノート)はサポートしていません。

もしクリエイターが個人的に返金したいというのであれば、個人間での送金手続きが必要になるでしょう。

万が一、クリエイターとユーザー間でトラブルになったとしても、note(ノート)はいっさい責任を負わないため、自己責任で利用しなければいけないことを覚えておいてください。

note(ノート)の返金設定を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の返金設定とは、有料記事の購入から24時間以内であれば、返金申請をして審査で承認されることでユーザーが返金を受けられるシステムです。

記事の公開設定で返金設定を行った記事は、購入したユーザーがnote(ノート)から返金を受けられるため、ユーザーは安心してコンテンツを購入できるようになります。

返金システムが実装されてことで、クリエイターもよりクオリティの高いコンテンツの制作を意識する必要があるため、トータル的に良いシステムと言えるでしょう。

返金設定の変更もできますし、note(ノート)運営は悪意ある返金へのペナルティも検討するため安心して利用できます。

こちらでは返金設定のやり方やよくある質問についても解説しましたのでぜひ参考になさってください。