ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)はイラストを売れる?販売方法を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)はイラストを売れるの?

イラストやマンガを描いて売りたいけれど、note(ノート)の販売方法やしくみがよくわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね note(ノート)は、テキスト、写真やイラストなどの画像や、音声、動画などを有料コンテンツとして販売し、収益化できるためクリエイターと相性抜群のサービスです。

イラストが得意な方の中には、note(ノート)の販売方法や、マンガも売れるのか疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

note(ノート)はイラストを売れる?販売方法を分かりやすく解説

note(ノート)はイラストを売れるのか、販売方法に沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)はイラストを売れる!販売方法3つ
  • 目次2.イラストの販売方法における始め方と手順
  • 目次3.イラストが売れるための販売方法のコツ2つ
  • 目次4.note(ノート)の写真の販売方法に関する注意点

note(ノート)はイラストを売れる!販売方法3つ

note(ノート)はイラストを描いて売れるだけでなく、3つの販売方法を活用すればマンガも売ることができます。

  • イラストを画像記事として売る
  • マンガを有料マガジンや定期購読マガジンとして売る
  • イラストや漫画の描き方をマニュアル化しテキスト記事を書いて売る

イラストはnote(ノート)の画像記事として売れる

自分で描いたイラストの販売方法は、note(ノート)の画像記事として売ることができます。

複数のイラストの販売方法として、パッケージ化して売れる有料マガジンも利用できるでしょう。

イラストをサブスクとして販売する方法として、メンバーシップを開設したら、ユーザーに加入してもらい月額でイラストの使い放題の特典をつけます。

note(ノート)の売れるしくみを利用すれば、幅広い販売方法でイラストを売れるためおすすめです。

マンガはnote(ノート)の有料マガジンや定期購読マガジンとして売れる

自分で描いたマンガの販売方法は、note(ノート)の有料マガジンとして売ることができます。

有料マガジンは複数のコンテンツ記事をパッケージ化できるため、連載マンガの販売方法としておすすめです。

また定期購読マガジンでは、月額でコンテンツ記事を定期配信できるしくみですので、連載マンガの販売方法におけるもうひとつの方法として利用できます。

有料記事では、無料部分と有料部分を自分で決められるしくみですので、たとえばマンガの1記事目を無料にして試し読みしてもらい、

それ以降を有料にする方法で効果的にマガジンを売れるでしょう。

note(ノート)は連載マンガを売れるしくみが充実しているため、イラストで収益化をめざしたいクリエイターに適しています。

イラストや漫画の描き方をマニュアル化しテキスト記事を書いて売れる

クリエイターの知識を生かして、イラストや漫画の描き方をマニュアル化し、note(ノート)で書いたテキスト記事の販売方法です。

これからイラストや漫画の描き方を学びたい方をターゲットに売れるため、クリエイターが収益化をめざすためにnote(ノート)はおすすめと言えるでしょう。

note(ノート)イラストの販売方法における始め方と手順

note(ノート)におけるイラストの販売方法について、始め方と手順をみていきましょう。

  • イラストを画像記事として売る
  • マンガを有料マガジンや定期購読マガジンとして売る
  • イラストや漫画の描き方をマニュアル化しテキスト記事を書いて売る

画像記事の販売方法の手順は、note(ノート)の「投稿」をクリックして「画像」を選択し、表示されたポップアップにイラストをドラッグアンドドロップすることから始めましょう。

有料マガジンの販売方法の手順は、note(ノート)のプロフィールアイコンをクリックして「マガジン」を選択したら、「マガジンを作る」をクリックし、販売設定で「有料(単体)」を選択することから始めます。

定期購読マガジンの販売方法では、有料マガジンと同じ手順で進み、販売設定「有料(単体)」を選択したら「noteプレミアムに申し込む」に進むことが始め方として必要です。

いずれもあとは画面の手順に沿って進めるだけですので、note(ノート)以外では売ることが難しかったイラストや漫画の販売方法としてぜひ活用しましょう。

なおテキスト記事の販売方法の手順は、画像記事と同じですが「画像」アイコンではなく「テキスト」を選択してください。

note(ノート)のイラストが売れるための販売方法のコツ2つ

note(ノート)のイラストが売れるための販売方法における2つのコツをみていきます。

  • ハッシュタグをつけて投稿する
  • Twitterでイラスト記事を拡散する

note(ノート)のイラスト記事はハッシュタグをつける

売れるためのコツとして、イラストの記事はハッシュタグをつけて投稿しましょう。

note(ノート)の公開設定からタグの件数を確認して、note(ノート)で多く利用されているキーワードを選びます。

現時点では、#イラスト販売は122件、#マンガは384,143件、#4コママンガは10,602件とぜひ設定したいハッシュタグですが、この他にも#フリーイラスト販売、#オリジナルイラスト販売などもおすすめです。

またイラストに関連するキーワードとして、ねこのイラストであれば、#ねこなどのハッシュタグも設定します。

ハッシュタグをつけてイラスト記事を投稿すれば、note(ノート)でキーワード検索をしたときにヒットするため、集客につながります。

イラストにおける販売方法のコツとして、ぜひハッシュタグをつけてから投稿してください。

Twitterでイラスト記事を拡散する

集客をめざすために、Twitterでイラスト記事を拡散しましょう。

Twitterで写真記事を拡散すれば、note(ノート)外からの集客を見込めます。

note(ノート)の写真記事をTwitterに引用してツイートを投稿できるため、Twitterのフォロワーを集客できます。

フォロワーにリツイートしてもらえば、さらにそのフォロワーのタイムラインにもイラスト記事が表示されるため、効果的に拡散できます。

イラスト記事が売れるためには多くの人に見てもらうこと、すなわち集客することが大切ですので、販売方法のコツとして活用しましょう。

note(ノート)のイラストの販売方法における注意点

note(ノート)のイラストの販売方法の注意点は、アプリではできないことです。

アプリに対応しているのは無料投稿のみで、テキストやイラストにかかわらず、有料記事は投稿できません。

スマホからイラストやマンガの販売をしたい場合は、Webブラウザからnote(ノート)のサイトへログインすれば、パソコンと同じ要領でできるためぜひご利用ください。

note(ノート)のイラストは売れる?販売方法を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)はイラストが売れるしくみが実装されており、3つの販売方法があります。

イラストやマンガを売れるしくみが豊富ですので、note(ノート)は収益化をめざしたいクリエイターにおすすめと言えるでしょう。