ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の書き方を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の書き方はどのようにしたら読みやすくなるの?

たくさんの人に読まれる記事を書きたいけれど、記事の内容以外に意識しなければいけないnote(ノート)の書き方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)はブログのように記事を書いて、書いた記事は有料コンテンツとして販売できます。

有料記事に書かれた情報を売ることができるnote(ノート)ですが、読者に役立つ情報を書いたとしても書き方に問題があれば、読んでもらうことは難しいと言えるでしょう。

そこで読みやすいnote(ノート)の書き方についてこちらで詳しく解説していきます。

note(ノート)の書き方を分かりやすく解説

note(ノート)の書き方を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.結論を先に書く
  • 目次2.1記事で完結する内容にする
  • 目次3.スマホ画面を意識する
  • 目次4.図や写真をいれる
  • 目次5.1文を短くする
  • 目次6.目次をつけると読みやすくなる
  • 目次7.記事の内容をイメージできるタイトルをつける
  • 目次8.最後に推敲することも書き方のコツ

note(ノート)の書き方は結論を先に書く

note(ノート)の書き方は、結論を先に書きます。 冒頭で結論を書けば、はじめに記事のテーマを把握できるため、スムーズに読めるようになります。

最初の1行で、読むのか読まないのかを判断します。

はじめにもっとも伝えたいメッセージを書き、次にその説明、最後に補足があれば加えましょう。

読者にストレスなく読んでもらうためにも、記事を読み進めてもらうためにも、結論は先に書く必要があります。

note(ノート)の書き方は1記事で完結する内容にする

note(ノート)の書き方は、1記事で完結する内容にしましょう。

1記事で完結すれば、結論や内容がわかりやすくなります。

他を読まなければ結論に達しない記事は読みにくいですし、つづきの記事を読みにいく可能性も低くなります。

もしひとつの記事だけで完結できないボリュームの場合は、文章の段落ごとに記事をわける方法はおすすめしません。

情報に階層をつけてわけて書き、あくまでも1つの記事だけで完結する内容にする記事の書き方をするとよいでしょう。

note(ノート)の書き方はスマホ画面を意識する

note(ノート)の書き方として、スマホ画面を意識することはとても大切です。

今、スマホでインターネットを利用する方は多いため、note(ノート)もスマホの画面から読む人は少なくありません。

パソコンではストレスなく読めた文章も、スマホでは長文に見えてしまいます。

記事の書き方として、適切に改行を行いましょう。

デバイスに応じて見え方が異なるため、note(ノート)を投稿したら、最後にアプリやスマホのブラウザから確認することも大切です。

またスマホからnote(ノート)の画面を確認できる外部ツールもリリースされているため、利用すると便利でしょう。

note(ノート)の書き方は目次をつけると読みやすくなる

ひとつの記事が長文になってしまう場合の書き方は、冒頭に目次をつけると読みやすくなります。

冒頭で結論を書いたあと、目次をつけると記事の全貌を一目で確認できます。

長文のnote(ノート)を最後まで読んでほしいときに活用できます。

note(ノート)の書き方は図や写真をいれる

note(ノート)の書き方に加えて、文中に図や写真をいれることで文章にメリハリがつき、読みやすい記事にしあがります。

イメージとしてだけでなく、文章の内容を補足する図や写真は情報の理解を深め、わかりやすくなります。

長文をストレスなく読むためにも、図や写真を活用する方法は役立つと言えるでしょう。

note(ノート)の書き方は1文を短くする

note(ノート)の書き方として、1文を短くすることを意識しましょう。

文章が長いと読みにくくなります。

おおよそ1つの文章あたり60文字くらいまでが読みやすいと言われていますので意識するとよいでしょう。

また見出しや箇条書きを活用すれば、文章を短くできますし、情報も整理されるため読みやすくなります。

1文が短ければ、スマホ画面でも読みやすくなるでしょう。

ただ60文字の文章が連続してしまうと、それも読みにくくなります。

そこで書き方として、短文と60文字の文章を上手に取り入れることで、リズムよく読める文章にしあげることができます。

note(ノート)の書き方は内容がわかるタイトルをつける

note(ノート)の書き方や情報の内容は重要ですが、せっかくよい文章を書いても読んでもらえなければ意味がありません。

タイトルは、まだ記事を読んでいない人にも内容が伝わり、興味を持ってもらえるような付け方をする必要があるでしょう。

できるだけ物や人などの固有名詞や、数値などを積極的に活用することで、内容が具体的に伝わるタイトルになります。

大切なキーワードほど、タイトルの先頭にもってきましょう。

あわせて記事の内容が伝わるアイキャッチ画像を使うことで、記事に興味を持ってもらえる可能性が高まります。

note(ノート)を書き終えたら推敲することも書き方のコツ

note(ノート)を書き終えたら投稿前に推敲することも、書き方のコツと言えます。

目視だけで推敲するよりも声に出して読むほうが、すらすら読めない部分がわかりやすくなります。

また書き終えてからしばらく寝かしたあとに推敲すると、思わぬところに誤りがあることに気付くことができるでしょう。

文章を書くことと同じくらい大切ですので、記事は読みやすいのか、間違いはないのか、推敲してください。

note(ノート)の書き方を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の書き方について解説しました。 記事の情報や内容は大切ですが、記事の書き方も読まれるnote(ノート)に仕上げるためには重要です。

note(ノート)に限らず、インターネットの記事には書き方があり、読みやすさはとても大切なポイントと言えるでしょう。

読者は莫大な情報の中から、自分が探している情報を効率よく探したいと考えているため、最後に結論を書くことはおすすめできません。

冒頭に結論を持ってくれば、探していた情報だと判断して、最後まで読み進めてもらえる可能性は高くなるでしょう。

1記事で完結する内容にする、スマホ画面で確認することもネットの記事を書くためには大切です。

記事の書き方だけでなく、文章の書き方もnote(ノート)を読みやすくするために重要でしょう。

タイトルの付け方は読まれるため、推敲は読みやすくするために、note(ノート)の書き方の一環として覚えておくべきです。

読みやすい記事や文章の書き方についてはたくさん書くことで身につくため、さっそくnote(ノート)を書き進めていきましょう。