ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)のリンクの埋め込みを分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)でのリンクを文章に埋め込みするやり方がわからない。

テキスト記事にSNSやアフィリエイトのリンクを埋め込みするやり方もわからずに混乱している。

note(ノート)は画像のリンクの埋め込みができるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)はブログのように文章を書き、情報を有料コンテンツとして販売できる、クリエイターを中心に人気を集めているサービスです。

テキスト記事は、文章だけでなく画像の挿入や、テキストや画像にリンクを埋め込みしたり、SNSの投稿を埋め込みしたりできます。

リンクの埋め込みを活用すれば充実した記事に仕上げることができ、note(ノート)間でのページの移動や、外部ページへの移動をワンクリック、ワンタップでできることがメリットでしょう。

ここではnote(ノート)のリンクの埋め込みについて詳しく解説していきます。

note(ノート)のリンクの埋め込みを分かりやすく解説

note(ノート)のリンクの埋め込みを流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.リンクを文章に埋め込みするやり方
  • 目次2.リンクを画像に埋め込みするやり方
  • 目次3.SNSの投稿を埋め込みするやり方
  • 目次4.リンクの埋め込みにおける注意点

note(ノート) リンクを文章に埋め込みするやり方

note(ノート)の文章にリンクを埋め込みするやり方をみていきましょう。

まずリンクの埋め込みをしたいnote(ノート)の文章をドラッグで選択します。 ツールバーが表示されるので、「リンク」アイコンをクリックしましょう。

リンク先のページのURLを、表示されているフォームにコピペして「適用」をクリックすれば完成です。

なおnote(ノート)のアプリでも、同じやり方をします。

note(ノート) リンクを画像に埋め込みするやり方

note(ノート)のテキスト記事にアップロードした画像に、リンクを埋め込みするやり方をみていきます。

まずは画像をクリックし、表示されたツールバーから「リンク」アイコンをクリックしてください。

リンク先のページのアドレスを、note(ノート)にコピペして「適用」をクリックすれば完了となります。

上項では文章にリンクを埋め込みするやり方を解説しましたが、note(ノート)からリンクを埋め込みする対象が、文章か画像かという違いだけで、基本的なやり方はどちらも同じです。

なおnote(ノート)のアプリでもやり方は同じで、Amazonアソシエイトのリンクの貼り方も同じです。

note(ノート) SNSの投稿を埋め込みするやり方

note(ノート)のテキスト記事に、SNSの投稿とそのリンクを埋め込みするやり方をみていきましょう。

まずテキストエディタの「+」アイコンをクリックし、埋め込みしたいSNSのURLをコピペしたら「適用」をクリックして完了します。

もうひとつのやり方として、テキストを入力する画面に、SNSのURLをコピペし「Enter」キーを押すだけで投稿を埋め込むやり方もできます。

むしろこちらのやり方のほうが、簡単にできるためおすすめと言えるでしょう。

なお前項で解説したようにリンクを埋め込みする対象として、文章や画像があるケースでは、ダイレクトにテキスト画面へアドレスをコピペしてリンクを貼ることはできません。

一方、SNSの投稿をそのまま埋め込みする場合は、note(ノート)のテキストを入力するエリアへ、投稿のアドレスをそのままコピペすれば、SNSの投稿とそのリンクを埋め込みできます。

以下で詳しくみていきますが、たとえばTwitter、TikTokなどのSNSや、YouTubeなどのリンクを貼ることで、note(ノート)に投稿を埋め込みできます。

note(ノート)のアプリでも投稿を埋め込みするやり方は同じですが、その際に必要になるSNSのURLを取得するやり方については、次項で解説しています。

note(ノート)はSNSなど18コンテンツを埋め込み可能。対応サービスはTwitterをはじめとした70社以上

note(ノート)では、動画、音楽、音声、SNS、記事、デザイン、ビジネス、マップ、note for shoppingをはじめとした18種類のコンテンツの投稿を埋め込みできます。

またYouTube、ニコニコ動画、Vimeo、TikTok、Apple Music、Spotify、Twitter、Instagram、をはじめとした70社のサービスの埋め込みに対応しています。

有名なサービスが提供する人気の投稿から好きなものを選んで、note(ノート)に埋め込みできます。

note(ノート)の埋め込みにおける注意点

note(ノート)の埋め込みにおける注意点として、SNSの投稿を埋め込みに関することがあります。

お気づきの方もいるかもしれませんが、一般的にSNSの投稿の埋め込みをするときは、サービス側から提示される埋め込み用のタグをコピペして、ブログ等に貼り付けます。

一方、note(ノート)では、SNSが提供する埋め込み用のタグは利用できません。

TwitterもYouTubeにも埋め込みタグを取得できますが、note(ノート)では非対応です。

前項の解説の通り、SNSの投稿をnote(ノート)に埋め込みするやり方は、投稿のURLをnote(ノート)にコピペしてください。

SNS投稿のURLを取得するやり方は、ブラウザから埋め込みしたい投稿にアクセスして、ページのURLをコピーしてください。

アプリ版のSNSからURLを取得するやり方として、ツイッターを例にみていきましょう。

ツイッターアプリで投稿を開き、いいねの隣にある「ツイートを共有」アイコンをタップして「リンクをコピー」をタップしてOKです。

YouTubeは、投稿の「共有」から「…」をタップして「コピー」を選択して完了ですので、そのままnote(ノート)に貼り付けてください。

note(ノート)のリンクの埋め込みを分かりやすく解説まとめ

note(ノート)のリンクと埋め込みのやり方について解説しました。

リンクの貼り方も、埋め込みのやり方も簡単にできますが、ルールやしくみをわかっていることが前提になるでしょう。

まずnote(ノート)のリンクのやり方は簡単ですが、問題になるのはSNSの埋め込みのやり方です。

もともと仕事などでSNSの埋め込みを活用している方は、ブログで埋め込みタグを利用しているはずですので、戸惑うことでしょう。

note(ノート)では埋め込みタグではなく、ウェブ上のアドレスを記事の作成画面に貼り付けるだけになります。

難しくありませんが埋め込みのやり方を理解しておかなければできないため、ご注意ください。

リンクと埋め込みのやり方をマスターして、note(ノート)で充実したコンテンツを作成しましょう。