ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)は儲かる?儲からない?を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)は儲かる?儲からない?

儲かると聞いてnote(ノート)をはじめてみたけれど、実際は儲からないと感じている。

note(ノート)で儲かる人にはどのような特徴があるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。 note(ノート)は記事を書いて有料コンテンツとして販売し、収益化をめざせるクリエイターに人気のサービスです。

有料記事の販売はnote(ノート)の大きな特徴ですが、実際に記事を書いて売ってみたものの思うように儲からないと悩んでいる方もいるはずです。

ここではnote(ノート)は儲かるのか、儲からないのかについて詳しく解説していきましょう。

note(ノート)は儲かる?儲からない?を分かりやすく解説

note(ノート)は儲かる?儲からない?を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)は儲かる?儲からない?
  • 目次2.儲からない原因は稼ぐことを目的にしているから
  • 目次3.note(ノート)で儲かる人の特徴

note(ノート)は儲かる?儲からない?

note(ノート)は儲かるのか、儲からないのか、まずは実際の口コミから確認していきましょう。

こちらの口コミは、note(ノート)で儲かるという声ですが、1ヶ月で100万円も稼いだとのことです。

一方、儲からないクリエイターの声を探してみましたが、そもそも稼げない人はその内容をツイートしないため見つかりませんでした。

この他にもnote(ノート)は儲かるとつぶやくクリエイターも多く存在しましたが、ユーザー数から考えても儲からないクリエイターのほうが圧倒的に多いと言えるでしょう。

note(ノート)で儲からない原因は稼ぐことを目的にしているから

note(ノート)で儲からない原因は、稼ぐことだけを目的にしているからです。

有料記事を売ることができるサービスなのに、なぜnote(ノート)で儲かることを考えてはいけないのかと、不思議に思う方もいるでしょう。

もちろん最終的に儲かることを考えてもよいですが、稼ぐこと「だけ」を目的にしていることは考えものです。

なぜ稼ぐことだけを目的にしてはいけないのかというと、読者がお金を払って記事を買うときの動機を忘れてしまっているからです。

自分に置き換えてみればわかりますが、お金を支払うきっかけはほしい商品やサービスを利用するためです。

アイドルのグッズをいくつも買う人がいますが、それはアイドルが有名になる姿や、よろこぶ姿を見ることに価値を感じているため、お金を払っているのです。

一方、どんなに安かったとしても、いらないものにお金を払う人はいないはずです。

それはnote(ノート)でも同じで、検索すれば見つかるような情報の有料記事にお金を払う人はいません。

ほしいものや情報を手に入れるためにお金を払うため、note(ノート)でも有益な情報をコンテンツとして読者に提供する必要があります。

クリエイターが売ることばかりにとらわれている記事は、情報の質よりも、情報の見せ方が工夫されているだけというケースも少なくありません。

一方、情報の中身は検索した情報と大差がないことから、note(ノート)を書いても儲からない原因になると言えるでしょう。

note(ノート)で儲かる人の特徴

では逆にnote(ノート)で儲かる人の特徴は、以下の通りです。

  • 経験を価値にして売っている
  • 需要のあるジャンルでコンテンツを制作している
  • 無料記事の制作に力を入れている

note(ノート)で儲かるのは経験を価値にして売っている人

note(ノート)で儲かる人の特徴は、自分の経験から記事を書き、それを価値にして売っている人です。

自分の経験をもとにどのような問題をどのように解決したのか、それを具体的に書くことで、読者は試すことができるでしょう。

また自分の経験をもとに記事を書くため、ここでしか見つからないオリジナルの記事を書くことができます。

自分の経験がもとになっていれば、具体的かつオリジナルの情報を自動的に提供できるため、儲かるnote(ノート)を書くことができるでしょう。

記事を書くときに、価値ある情報を読者へ提供することに全集中できる人は、note(ノート)で儲かる人になると言えます。

note(ノート)で儲かるのは需要のあるジャンルでコンテンツを制作している人

note(ノート)で需要のあるジャンルとは、クリエイター向けの情報であり、儲かる人はクリエイター向けのコンテンツを制作しています。

そもそもnote(ノート)はクリエイター同士の交流を目的としたプラットフォームですので、ユーザーの大半はプロアマ問わずなんらかのクリエイターです。

note(ノート)のクリエイターに需要が高いジャンルと言えば、noteで稼ぐ方法です。

この他にも、クリエイターの仕事に関すること、またはアフィリエイトやネットビジネスなどの稼ぐ系の情報なども需要が高く儲かるジャンルと言えます。

無料記事の制作に力を入れている人もnote(ノート)で儲かる

note(ノート)のクリエイターに多いのは、無料記事の制作に力を入れている人であり、実はこのような方はnote(ノート)で儲かる人になります。

無料記事の制作を熱心に行う方は、収益化を目的としているわけでなく、あくまでも知名度の獲得や拡散などを目的としています。

当然、儲かるためではなく、記事を読んでもらうことを目的に書いているため、自然と質のよい記事が書きあがります。

儲かることを目的として記事を書いている人と比較すれば、儲かるために記事を書いているわけではない人の記事の質は高いため、儲かるというわけです。

note(ノート)は儲かる?儲からない?を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)は儲かるのか、儲からないのかについて解説しました。

儲からない原因は、稼ぐこと「だけ」を目的に記事を書いていることですので、検索した情報の量産タイプのクリエイターは稼ぐことが難しいと言えるでしょう。

一方、儲かる人は、稼ぐことではなくnote(ノート)を読んでもらうことを目的として記事を書いている人になります。

読んでもらうことを目的に記事を書けば、価値のある情報を提供しようという意欲がうまれるため、自然と質のよい情報を提供できる記事が書けます。

儲かる記事を書くためには、note(ノート)でどのような情報を提供すれば読者は買うのかを常に意識しながら制作することが大切です。