ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の音楽は売れる?販売方法を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)は音楽を売れるの?

もし売れるとしたら、音楽の販売方法のやり方や、どのようにして販売方法を行うのか、そのアイデアを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は記事を書き、有料コンテンツとして販売できるしくみを実装しており、クリエイターを中心に人気の高いサービスです。

ミュージシャンや楽曲を提供する方の中には、演奏した音楽や制作した楽曲を披露したい、ダウンロード形式で販売したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではnote(ノート)は音楽を売れるのか、もし売れるとしたら販売方法のやり方や、note(ノート)で音楽を販売する方法のアイデアについて解説していきましょう。

note(ノート)の音楽は売れる?販売方法を分かりやすく解説

note(ノート)の小説は売れるのか、そして販売方法を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)は音楽を売れる?販売方法は?
  • 目次2.音楽の販売方法のやり方
  • 目次3.「売れる」ための販売方法のアイデア

note(ノート)は音楽を売れる?販売方法は?

結論を言うと、note(ノート)は音楽を売れるため、ミュージシャンやアーティスト、作曲家などにも利用されています。

販売方法は、音楽データをnote(ノート)の音声記事にアップロードして投稿したらダウンロード形式で入手してもらいます。

決済方法は、note(ノート)上のシステムを利用するため、スムーズに完了できることがメリットでしょう。

音楽活動の一環としてnote(ノート)を利用するミュージシャンもいますが、駆け出しのミュージシャンやアーティスト、作曲家や音楽を趣味にしていて収入を得たい人には特にnote(ノート)はおすすめです。

メジャーなアーティストをめざしていなくても、音楽を売りたい全ての人が、会員登録だけで販売できるため、とても便利です。

YouTubeでも音声モードのみで音源だけで投稿することができますが、ユーザーは動画の視聴をメインにしているため、映像がなければ音楽を聴いてもらえる可能性は低くなるでしょう。

一方、note(ノート)は音声に特化した投稿ができることでも知名度が高く、ユーザーの多くがクリエイターで占めるサービスですし、制作した音楽はポートフォリオとして公開できます。

歌ったり演奏したりした音声ファイルは、常に公開できますし、テキスト記事も作成できるため、自分を売り込むツールとしてもnote(ノート)は最適でしょう。

note(ノート)は音楽だけでなく音声ファイルの販売すべてに対応しているため、

演奏ではなく声を効果音として販売したり、声優をめざしたい人が売り込むツールとしても活用できます。

note(ノート)の音楽の販売方法のやり方

note(ノート) 音楽の販売方法のやり方における手順をみていきましょう。

なおnote(ノート) の有料投稿は、アプリには対応していないため、スマホを利用する方はブラウザからご利用ください。

サウンド・音源のファイルを準備したら、まずはじめの手順としてnote(ノート) から「投稿」をクリックし、「音声」を選択します。

note(ノート) のサウンドの投稿というポップアップが表示されるので、音楽ファイルのサイズと形式を確認してください。

問題がなければ、次の手順として音楽のファイルをドラッグアンドドロップでアップロードします。

続いての手順は、音声の投稿で、ハッシュタグ、音楽記事のタイトルや説明文とアイキャッチ画像、販売設定を「有料」にして「価格」と返金設定をし、

「有料エリア設定」から投稿を完了させましょう。

note(ノート)の音楽が「売れる」ための販売方法のアイデア

note(ノート)の音楽が「売れる」ために活用できる、個人におすすめの販売方法のアイデアについてみていきましょう。

販売方法1.制作した音楽の記事をnote(ノート)で作成しファイル化して売る

note(ノート)はインターネット上のサービスですので、YouTubeなどの効果音やBGMなど、ネット上のコンテンツで使用する音楽と相性がよいでしょう。

YouTubeは需要が高いことから、オリジナルのサウンドを探しているユーチューバーをターゲットにした販売方法ならば、音楽が売れることが期待できます。

有料記事は、1記事あたり100~10,000円で音楽が売れるため、相場観を見極めて価格を設定すれば、音声の販売方法として活用できます。

販売方法2.音楽関連のオリジナル教材の記事の販売

音楽関連のオリジナル教材を制作して売れるnote(ノート)の販売方法です。 以下は音楽教材のアイデアの一例になりますが、著作権の問題もありますのでオリジナル楽曲をご利用ください。

  • ボイトレ上達のマニュアルをテキストや音源化した音楽教材
  • オリジナル楽曲のサウンド・音符・テキストがセットになった演奏したい人のための音楽教材

note(ノート)の有料記事でマニュアルを、音声記事で音源を作成した販売方法です。

教材は練習回数が必要になるため、複数の教材を制作してセット販売する方法として、複数記事をセット販売できる有料マガジンや、記事を定期配信する定期購読マガジンも活用できます。

定期購読マガジンについては、月額制で定期配信するので、音楽教材の販売方法として適しているでしょう。

記事をサブスクできるメンバーシップを利用すれば、note(ノート)の音楽教材を使い放題で利用できます。

販売方法3.note(ノート)を音楽販売サイトへの集客手段として活用する

note(ノート)の音声カテゴリに目をつけて、実際に音楽の販売を行っている外部のサイトへの集客手段として活用することができます。

音楽に対する熱意などをテキスト記事に投稿してSNSのような使い方ができますが、いざ音楽を売りたいときの販売方法も実装しています。

集客ツールとして充実した機能を搭載しているため、note(ノート)の利用で最終的に音楽が売れることに結びつきやすくなるしょう。

note(ノート)の音楽は売れる?販売方法を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)は音楽を売れるため、手順に沿って行えばサウンドや音源の販売方法として利用できます。

販売方法が充実しているnote(ノート)は売れるための工夫が満載ですので、音楽を売りたい方におすすめです。