ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の音声配信を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の音声配信ってなに?

音声配信をしてみたいけれど、note(ノート)でのやり方がわからない。

note(ノート)の音声配信を有料販売する方法や、その他に音声配信の活用方法にはどのようなものがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)はテキスト、画像、音声、動画、つぶやきを記事にして、有料投稿することで販売できる、クリエイターを中心に人気が高いプラットフォームです。

有料記事のひとつに音声配信ファイルを記事にして投稿できる機能がありますが、音声配信のコンテンツを投稿するやり方や有料販売する方法、音声配信の活用方法について解説していきます。

note(ノート)の音声配信を分かりやすく解説

note(ノート)の音声配信を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.音声配信のコンテンツを投稿するやり方
  • 目次2.音声配信の有料販売のアイデア3つ
  • 目次3.音声配信 その他の活用方法

note(ノート)の音声配信のコンテンツを投稿するやり方

note(ノート)の音声配信の記事を投稿するやり方を手順に沿ってみていきましょう。

  • 手順1.note(ノート)の「投稿」をクリックして「音声」を選択
  • 手順2.公開したい音声ファイルをドラッグアンドドロップして「投稿」をクリック
  • 手順3.カバー画像、タイトル、曲の説明などを入力し、無料投稿をする方は「ダウンロード」にチェック、ハッシュタグを設定して、販売設定で「有料」か「無料」かを選択して「投稿」をクリックして完了

「サウンドの投稿」のポップアップでは「音声ファイルをアップロード」をクリックし、ファイル一覧から選択することでも音声ファイルをアップロードできます。

投稿できる音声ファイルは最大100MBまで、ファイルの形式はMP3かAACです。

また音声ファイルを販売する方は、販売設定で「有料」を選択して「価格」を設定し、返金設定では「購入者からの返金申請を受け付ける」にチェックを入れてください。

なおiOS・Androidのスマホアプリも音声配信をコンテンツとして投稿するやり方は同じですが、

無料投稿に制限されており、音声配信のコンテンツを有料販売できないためご注意ください。

note(ノート) 音声配信コンテンツを有料販売する3つのアイデア

note(ノート)の音声配信コンテンツを有料販売する方法として3つのアイデアをご紹介します。

有料セミナーの音声を収録して有料販売する

有料セミナーの音声を収録して、参加できなかった人をターゲットに、音声配信をコンテンツにしてnote(ノート)で有料販売します。

note(ノート)の有料記事は、1つあたり100~10,000円で売ることができます。

YouTubeのオリジナルBGMや効果音を制作して有料販売する

YouTubeの動画で使用するオリジナルBGMや効果音を制作・録音したら、note(ノート)で音声記事にして、YouTuberをターゲットに有料販売します。

作曲家やミュージシャンにおすすめのアイデアで、音声配信の有料販売として、現在需要が高く、個人でもできることがメリットでしょう。

1曲単位で音声記事を作成・販売できますが、有料マガジンとして複数の音楽をまとめて販売すれば、大きく収益が見込めるでしょう。

また音楽をサブスクできる機能として、note(ノート)のメンバーシップを利用する方法もあります。

クリエイターはメンバーシップでコミュニティを開設して、ユーザーに月会費で加入してもらえば、定期購読マガジンとして新着音を配信できるうえ、期間中はすべての音楽が使い放題になります。

Spotify、YouTubeなどで公開している音声コンテンツを有料のテキスト記事に埋め込みして売る

Spotify、YouTubeなどで公開している自作した音楽・音声配信コンテンツを、note(ノート)のテキスト記事に埋め込みして有料販売します。

あくまでも販売するコンテンツはテキスト記事の情報であり、埋め込みした音声配信コンテンツはあくまでもテキストを補足するためで、記事の内容をわかりやすくします。

note(ノート)の音声配信コンテンツにおけるその他の活用方法

note(ノート)の音声配信コンテンツを無料投稿することもできますが、その活用方法をご紹介しましょう。

Spotify、YouTubeなどで公開している音声コンテンツの拡散ツール

音声配信クリエイターとして活動している方は、Spotify、YouTube、SoundCloudなどで公開しているコンテンツを、note(ノート)で音声記事にして、拡散ツールとした活用方法です。

公開している音声コンテンツの解説文として、音楽の制作エピソードなど、ファンやこれからクリエイターをめざす方をターゲットに紹介できます。

これはnote(ノート)のテキスト記事の埋め込みと、音声記事の活用方法における大きな違いと言えるでしょう。

歌・演奏、ボイスドラマやお笑いトークを収録・投稿したポートフォリオ

アーティストや声優、お笑い芸人をめざす方は、歌や演奏、ボイスドラマやお笑いトークを収録して投稿すれば、音声配信コンテンツの記事はnote(ノート)ポートフォリオに公開できます。

担当者にみてもらえば、仕事の依頼やスカウトや仕事の依頼につながる可能性もあるでしょう。

音声配信で活動していきたい方の公式サイトとしてもnote(ノート)は活用できます。

ラジオ、アーティストのライブやYouTube制作などの裏話を録音・投稿する

ラジオのDJ、アーティスト、YouYuberなどで、すでにファンがついている方は、裏話の音声配信をnote(ノート)の記事にして投稿できます。

裏話を聞きたいファンや、裏話からノウハウを得たいクリエイターにとって役立つ音声配信と言えるでしょう。

ラジオのDJは番組の放送中は顔が見えないため、テキスト記事に放送中の様子を記録して写真を埋め込みして投稿すれば、ファンに喜ばれるでしょう。

note(ノート)の音声配信を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の音声配信について解説しました。

音声配信を記事化できるnote(ノート)は、制作した音声を有料投稿したり、外部で公開している音声配信コンテンツを埋め込みしてテキスト記事を有料販売したりできます。

また外部の音声配信コンテンツの拡散や、ファンをターゲットに裏話の音声配信コンテンツの投稿、制作実績のポートフォリオなど、note(ノート)の音声配信の活用方法は幅広いと言えるでしょう。

note(ノート)で音声配信の記事を投稿するやり方は簡単ですので、手順に沿って進めれば完了します。

ただし音声ファイルのサイズや形式に制限がある、有料投稿する場合はnote(ノート)のアプリからはできないため、スマホから投稿したい方はブラウザをご利用ください。