ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)PROを分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)PROとはどのようなサービスなの?

無料版noteとnote(ノート)PROの違いはなにで、note(ノート)PROにはどのようなメリットがある? note(ノート)PROの料金について詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は、記事を書いて有料コンテンツとして販売できることはもちろん、フリーランスのポートフォリオとしても活用できます。

中にはnote(ノート)でアフィリエイトを始めたい方や、企業のオウンドメディア運営を手軽に運営を行いたいという方もいるのではないでしょうか。

このような方におすすめのサービスはnote(ノート)PROですので、こちらで詳しく解説していきましょう。

note(ノート)PROを分かりやすく解説

note(ノート)PROを流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)PROとは?
  • 目次2.note(ノート)PROとnoteの違いと3つのメリット
  • 目次3.note(ノート)PROの料金

note(ノート)PROとは?

note(ノート)PROとは、法人向けの利用を想定した有料サービスです。

無料noteの機能をアップグレードでき、面倒なオウンドメディアの運営をスムーズに行うことができます。

企業のオウンドメディアと言えばブランディングが必要ですが、無料noteではできないロゴの設定やデザインの変更ができます。

サイト運営やアクセス面において重要度が高い独自ドメインの適用ができることもnote(ノート)PROの大きな特徴と言えるでしょう。

サポート面も充実しており、note(ノート)PROのスタート後に1回限定で受けられるセットアップラーニングや、毎月1回開催されるnote書き方勉強会などもあります。

特に月1回で開催する契約企業限定ミートアップと、定期的に相談できる個別ミーティングは人気のサービスで、2022年における利用率は93%を超えていることは大きな特徴でしょう。

この他にもサイト構築、コンテンツ制作、分析、プランの拡充、セキュリティなど、あらゆる面においてnote(ノート)PROは充実した機能を実装しています。

無料noteの機能をアップグレードできるだけでなく、独自ドメインを適用したいフリーランスや個人のアフィリエイターもnote(ノート)PROを利用できます。

note(ノート)PROとnoteの違いとメリット3つ

note(ノート)PROにおける3つのメリットを確認するために、noteとの違いを比較しながらみていきましょう。

note(ノート)PROは独自ドメインを適用できる

note(ノート)PROのもっとも大きなメリットは、独自ドメインを適用できることです。

数あるブログサービスの中でもnoteはドメインパワーが強いため、独自ドメインを適用したい方も多いでしょう。

共有ドメインに制限されている無料noteでは独自ドメインを適用できないところ、note(ノート)PROならできるところがメリットであり、ふたつの大きな違いでしょう。

note(ノート)PROはアクセス解析にアナリティクスを使える

note(ノート)PROは、アクセス解析に独自のアナリティクスβを無料で使えます。

無料noteはダッシュボードでビュー・コメント・スキの数だけしか確認できませんが、アナリティクスβはさらに詳しいデータの分析機能が利用できることが違いです。

またアクセス解析でおなじみのGoogleアナリティクスは、note(ノート)PROの契約と独自ドメインの適応が前提となりますが、オプションとして月額1万円で利用できます。

アナリティクスβ版のメリットは、スキ率や読了率などnote(ノート)PROでしか計測できないデータを確認できることです。

一方、Googleアナリティクスのメリットは、アナリティクスβ版よりも詳しい分析機能が使えることですので、ふたつのメリットと違い・料金を比較して、ニーズに沿ったものを選んでください。

note(ノート)PROはデザインと機能のカスタマイズ性があがる

無料noteよりもデザインと機能のカスタマイズ性が高いことも、note(ノート)PROのメリットでしょう。

機能をこまかくわけると、独自ドメインの適用やアナリティクスの利用を含めて約30機能もの違いがあります。

たとえば独自ロゴの設定、カラーやメニューのカスタマイズ、フォロワー数の表示、コメントのオン・オフ切り替えなども利用できます。

この他にも、記事の予約投稿、法人コミュニティへの参加などの機能も利用可能です。

なお独自ドメインの適用をしなければ利用できない機能もありますので、ご注意ください。

ブランディングを意識したい法人に役立つ機能を実装していることは、note(ノート)PROメリットでしょう。

note(ノート)PROの料金

note(ノート)PROの料金は、初期費用は無料ですが、以下の通り継続的な利用料金がかかります。

  • 月額 50,000円
  • 年額 550,000円

月払いプランと年払いプランがありますが、月払いよりも年払いプランのほうが、年間の利用料金が5万円もお得になります。

さらにGoogleアナリティクスの利用は、note(ノート)PROの申込と独自ドメインの適応は必須になるだけでなく、月額1万円の料金が上乗せされます。

すなわちGoogleアナリティクスを利用する場合、月払いプランの料金は毎月6万円、年払いプランでは年間670,000円もかかることになります。

ちなみに表示料金はすべて税抜きになりますので、実際に支払う料金はさらにアップすると心得ておきましょう。

料金面をブログと比較すると、note(ノート)PROのコストはとても負担が大きいため、収益が少ない個人アフィリエイターの利用には向いていないかもしれません。

しかしコスト以上に大きな収益性が見込める法人は、オウンドメディアをかんたんに運営できるため、デメリットばかりではないでしょう。

担当者に支払う人件費を考慮すると、note(ノート)PROは妥当と言えるかもしれません。

なおnote(ノート)PROは初月無料のため、月初に申込をしたほうがお得に利用できるでしょう。

料金の支払方法は、クレジットカードか請求書のどちらかを選択できます。

よく考えてnote(ノート)PROのご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

note(ノート)PROを分かりやすく解説まとめ

note(ノート)PROは、無料noteで利用できない独自ドメインやGoogleアナリティクスを有料で利用できる法人向けのプランです。

デザインや機能をカスタマイズできるなども違いがあるため、note(ノート)PROには多くのメリットがあります。

ただし料金が高いため、ウェブやネットの担当者がいない企業や、オウンドメディアのコストよりも手間を簡略化したい企業にnote(ノート)PROはおすすめと言えるでしょう。