ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)のQRコードの作成方法を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)のQRコードの作成方法を知りたい。

ところでnote(ノート)はQRコードを生成できるの?

note(ノート)でQRコードを作成できるのであれば、QRコードの活用方法にはどのようなものがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は有料記事を書き、情報をコンテンツとして販売できることから、クリエイターを中心に人気のサービスです。

有料記事をまとめて販売するためにマガジンを発刊して販売でき、写真、動画、音声などさまざまなコンテンツを販売できることも、note(ノート)の大きな特徴でしょう。

豊富な収益化のしくみが揃っているnote(ノート)ですが、QRコードの作成方法はできるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

note(ノート)のQRコードの作成方法を分かりやすく解説

note(ノート)のQRコードの作成方法を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.QRコードの作成方法
  • 目次2.他のクリエイターのQRコードの作成もできる
  • 目次3.QRコードの活用方法

note(ノート)のQRコードの作成方法

note(ノート)におけるQRコードの作成方法を手順に沿ってみていきましょう。

  • 手順1.アカウントにログインしたらプロフィールアイコンをクリックして、表示されたメニューから「自分のクリエイターページを表示」を選択する
  • 手順2.画面左側のプロフィールアイコンがあるエリアの「…」アイコンをクリックして、「QRコードをつくる」を選択する

わずか10秒、2ステップでnote(ノート)のQRコードの作成方法は完了になります。

なお、アプリやスマホブラウザ版note(ノート)でも、QRコードの作成方法は同じ手順になります。

  • 手順1.アプリのメインメニューから「アカウント」をタップする
  • 手順2.クリエイターページの画面右側にある「…」アイコンをタップする
  • 手順3.表示されたメニューから「QRコードを表示」を選択する

note(ノート)のQRコードの作成方法はとても簡単ですので、ぜひご活用ください。 ただしQRコードの色など、デザインのカスタマイズはできませんので、ご注意ください。

生成したnote(ノート)のQRコードのダウンロード

あとは外部でQRコードを活用するために、生成したnote(ノート)のQRコードを画像としてダウンロードして、パソコンに保存ましょう。

保存するやり方は、生成したQRコード上で右クリックして「名前を付けて保存」をクリックすれば、パソコンに画像ファイルとしてQRコードを保存できます。

できたら任意のメディアやSNS、個人のダイレクトメッセージなどに画像を投稿する要領で、QRコードを挿入してください。

なおスマホアプリでは、QRコードの長押しでダウンロードできます。

note(ノート)では他のクリエイターのQRコードの作成もできる

note(ノート)では、自分はもちろん他のクリエイターのQRコードも作成できます。 QRコードの作成方法は、自分も他人も同じやり方をします。

他人のQRコードを勝手に利用してもいいのかと、疑問に感じている方もいるでしょうが、特に問題がないと考えるのが一般的でしょう。

もし公式的にnote(ノート)が他クリエイターのQRコードの利用を禁止するのであれば、誰でも生成できるしくみにはしないでしょう。

また公式noteにも「他のクリエイターのQRコードも生成できます。」と明記しているため、問題ないと考えられます。

そもそもクリエイターページを表示できるQRコードは、note(ノート)の内外に関係なく、できるだけ広く拡散してもらえるとうれしいと感じる人が一般的でしょう。

しかし中にはQRコードが拡散されてしまうことをこころよく感じない方がいる可能性もあります。

もし無断掲載を禁止する内容が明記されているクリエイターページのQRコードを表示する場合は、管理者に確認をとるほうがお互いに気持ちよく利用できるのではないでしょうか。

note(ノート)におけるQRコードの活用方法

note(ノート)のQRコードの活用方法は、クリエイターページへの集客や宣伝のためでしょう。

QRコードをスキャンするだけで、手軽に自分のnote(ノート)上にあるクリエイターページにアクセスしてもらうことができます。

自分が運営するブログやSNSアカウントにnote(ノート)で生成したQRコードを貼り付ければ、手軽にクリエイターページを拡散して集客できます。

また名刺やフライヤーなどに印刷することもできますので、note(ノート)のQRコードの活用方法は多岐にわたります。

クリエイターページでは、自分の書いた記事、撮影した写真、制作した動画や音声などが投稿・公開しています。

ページ上で公開しているコンテンツの中には、有料販売しているものもあり、note(ノート)ユーザーや会員でない人などに購入してもらうことで、収益化をめざせます。

QRコードを拡散して、手軽にnote(ノート)のクリエイターページにアクセスできれば集客でき、売上アップにつながるのではないでしょうか。

もうひとつクリエイターページは、記事や動画など、note(ノート)で制作したコンテンツのポートフォリオとしても活用できます。

企業の担当者や個人などから、ポートフォリオで制作したコンテンツを気に入ってもらえれば、仕事獲得のチャンスがあるでしょう。

クリエイターの中には実際にnote(ノート)のクリエイターページをポートフォリオとして活用している方も多いです。

note(ノート)はクリエイターが多く利用していることから、他のメディアと比較しても質の高いコンテンツが豊富に投稿・公開されています。

特にテキスト記事はクオリティの高さが目立つため、外注するためのライター探しにnote(ノート)を活用する企業の担当者がいると考えてもおかしくありません。

note(ノート)のQRコードの作成方法を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)のQRコードの作成方法について解説しました。

QRコードの作成方法の手順は、わずか10秒2ステップで完了します。

作成を完了したらQRコードをダウンロードして、外部のサイトや個人メッセージによる拡散や、名刺やフライヤーなどで印刷してご利用ください。

QRコードの活用方法は、主にnote(ノート)のクリエイターページへの集客になります。

スマホのスキャナでQRコードを読み取ることで、簡単にクリエイターページにアクセスできるため、ユーザーにとっても便利な機能です。

せっかく実装されているnote(ノート)の機能ですので、QRコードをぜひ活用しましょう。

なおnote(ノート)のQRコードは、他のユーザーのものもダウンロードできますので、クリエイター同士でシェアしあってもいいかもしれません。