ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の小説は売れる?販売方法を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)は小説を売れる?

もし売れるしくみがある場合、小説は実際に読者に売れるの?

小説が売れる場合、note(ノート)における小説の販売方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は有料記事を書いて情報をコンテンツ販売して、収益化をめざせるクリエイターに最適なプラットフォームです。

記事を書いて売れるのであれば、note(ノート)で小説は売れるのか、疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

これから小説を売りたいとお考えの方に向けて、note(ノート)は小説を売れるのか、実際に読者に売れるのか、小説の販売方法などについて解説していきましょう。

note(ノート)の小説は売れる?販売方法を分かりやすく解説

note(ノート)の小説は売れるのか、そして販売方法を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)は小説を売れる? 販売方法の基本情報
  • 目次2.小説が「売れる」ための販売方法 有料記事/有料マガジン/定期購読マガジン/メンバーシップ
  • 目次3.note(ノート)の小説の販売方法におけるメリット・デメリット

note(ノート)は小説を売れる? 販売方法の基本情報

note(ノート)は小説を売れるのか、疑問に感じる方もいるでしょうが、結論として小説を売ることができます。

小説家のたまごや、小説を誰かに読んでほしい人をはじめ、有名な小説家もnote(ノート)を使い、販売を行っています。

では、note(ノート)で小説を書いたら実際に売れるのか、疑問を感じている方もいるでしょう。

note(ノート)はクリエイターを中心に利用されているサービスで、ユーザーの多くは書くことや読むことが好きな人です。

収益化のシステムを搭載しているため、稼ぐことを目的に利用している人もいますが、読み書きが好きなユーザーは多いことから、小説を書いて売りたい人におすすめのプラットフォームと言えるでしょう。

有料記事を書いて売れるnote(ノート)では、いろいろな販売方法のしくみを採用していますが、小説に適した収益化のしくみを活用することが大切です。

また小説は書いて終わりではなく、売れるためにはみずから集客しなければいけないため、note(ノート)では受け身ではいけないことを覚えておきましょう。

小説を売るために最適なnote(ノート)の販売方法は、テキストを売れる有料記事、有料マガジン、定期購読マガジン、メンバーシップの4種類です。

この他にもnote(ノート)はクリエイターサポートがありますが、そもそも投げ銭ですので小説の販売はできません。

このような販売方法の基本情報を押さえたら、note(ノート)の小説を売る方法についてみていきましょう。

note(ノート)の小説が「売れる」ための販売方法

note(ノート)の小説が売れるためには、どのように小説を売ることができるのか、すなわち販売方法とその特徴を把握しなければいけません。

  • 有料記事は1記事単位で小説を販売できる
  • 有料マガジンは連載小説をパッケージ売りできる
  • 定期購読マガジンは小説を定期配信できる
  • メンバーシップは小説のサブスクとして販売できる

では詳しくみていきましょう。

note(ノート)の有料記事は1記事単位で小説を販売できる

有料記事は、1記事あたり5000文字くらいの小説の販売方法に適しています。

販売方法は、100~10,000円の間で価格を設定できるものの、note(ノート)では上限500円前後が相場となるため、

小説が売れるために抑えておきたいポイントと言えるでしょう。

note(ノート)の有料マガジンは連載小説をパッケージ売りできる

有料マガジンは、複数の記事をまとめてパッケージ販売として売れるため、連載小説の販売方法に適しています。

販売方法は、長編小説を複数の記事にわけて、有料記事ともに100~10,000円で価格を設定できますが、note(ノート)のプレミアム会員になることで上限50,000円にまで設定できます。

小説1記事あたり上限500円が販売方法の目安ですので、これで10記事の小説を書いたとすると5,000円になります。

そこで1記事目を無料で試し読みにして4,500円で売れば読者にお得感を感じてもらえるため、多くのクリエイターが利用している売れるnote(ノート)の販売方法のコツです。

note(ノート)の定期購読マガジンは連載小説を定期配信できる

定期購読マガジンは、月額制の定期配信を目的としているため、こちらも連載小説の販売方法におすすめでしょう。

note(ノート)の月額500円で加入できるプレミアム会員になれば利用できる販売方法で、月額あたり100~50,000円で価格を設定できます。

配信頻度はクリエイターが決められますが、note(ノート)は月1回以上を推奨しています。

読者は購読期間中に追加した小説のみを読めるため、短編小説の販売方法として、定期購読マガジンは向いていると言えるでしょう。

note(ノート)のメンバーシップは小説のサブスクとして販売できる

メンバーシップは、クリエイターがコミュニティを開設して、読者に月会費制で参加してもらいメンバー特典を付与する、note(ノート)の機能です。

販売方法は、メンバーシップの特典として小説を月額あたり100~50,000円で売ることができ、定期配信を行います。

定期購読マガジンと似ていますが、違いとしてメンバーシップ会員の期間中は過去の記事や小説の読み放題、すなわちサブスクも利用できることです。

このためメンバーシップは長編小説の販売方法に最適ですし、サブスクはお得ですので小説が売れるための大きなポイントと言えるでしょう。

note(ノート)の小説の販売方法におけるメリット・デメリット

note(ノート)の小説の販売方法におけるメリットは、前項でも解説した通り、読むことが好きなアクティブユーザー数が多いことです。

読むことが好きなアクティブユーザー数が多ければ、そのぶん小説が売れる可能性は高くなるでしょう。

デメリットも、前項で触れた通り、小説の集客を自分で行わなければいけないことです。

外部の小説配信の特化サイトでは、集客するしくみが実装されているため、小説を書いて投稿するだけで便利に販売できます。

小説が売れるためには、ハッシュタグをつける、フォロワーを獲得する、Twitterで拡散するなど、note(ノート)の内外で集客を行う必要がありますので心得ておきましょう。

note(ノート)の小説は売れる?販売方法を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)は小説を売れるしくみが充実しており、実際に読者に売れるため収益をめざすことができます。

テキスト記事で小説を書き、有料記事、有料マガジン、定期購読マガジン、メンバーシップから、もっとも自分の小説が売れる販売方法を選択してくださいね。