ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の集客方法を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の集客方法はどのようにしたらいいの?

新着記事として紹介されないnote(ノート)の集客方法として活用できる機能はある?

ブログとnote(ノート)の集客方法にはどのような違いがあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)で有料記事を書いて収益化を見込みたいとお考えの方は、集客方法について疑問を感じているのではないでしょうか。

note(ノート)の集客方法を分かりやすく解説

note(ノート)の集客方法を流れに沿って解説します。

  • 目次1.note(ノート)の集客方法は?
  • 目次2.集客方法はTwitterの併用が効果的
  • 目次3.note(ノート)とブログにおける集客方法の違い

note(ノート)の集客方法の基本は2つ

note(ノート)の集客方法は、まずサービスが提供する機能をフル活用しましょう。

月間アクティブユーザー数が6300万人を突破しているnote(ノート)は、人気SNSサービスとしてもっともメジャーなTwitterのユーザー数を超えています。

当然、ユーザー数が多いサービスほど集客効果は高いため、note(ノート)はフォロワーや読者を集めやすいしくみと言えるでしょう。

note(ノート)はブログのように記事を書いて収益化をめざしますが、集客方法についてはプラットフォームのしくみからブログとは異なります。

ブログはGoogle検索からの流入をめざしますが、note(ノート)はSNSのようにユーザー同士のつながりでフォロワーを獲得し読者を増やすことができます。

すなわちnote(ノート)の集客方法は、サービス内で完結するというわけです。

これを前提として、note(ノート)におけるふたつの集客方法について解説していきましょう。

記事にハッシュタグを活用する

note(ノート)の集客方法としてまずやっていただきたいことは、記事にハッシュタグを活用することです。

記事に「#りんご」とハッシュタグをつけることで、note(ノート)で「りんご」と検索したユーザーに自分の記事をみつけてもらいやすくなります。

SNSではハッシュタグによって効率よく情報を探し出すことができますが、note(ノート)でも同じことが言えます。

ハッシュタグを活用することで、note(ノート)内の多くの読者に記事を探し出してもらうことができることから集客方法として効果的と言えるでしょう。

数の上限はありませんが、ジャンルの幅を広げすぎず、自分の書いたnote(ノート)に関連性の強いキーワードに絞ってハッシュタグを使いましょう。

note(ノート)の記事を増やす

note(ノート)の集客方法は、記事を増やすことも大切です。

当然記事の数が多いほど、ハッシュタグ検索でユーザーに読まれやすくなりますし、まず記事がないことには読者が集まりません。

ハッシュタグは関係ないものの、ブログも記事が多いほどキーワード検索でヒットしやすくなり、効果的に集客できるという点についてはnote(ノート)と同じでしょう。

ひとつだけ記事を読んだユーザーが興味を抱いた場合、その他の記事も読んでもらえる可能性は高くなります。

記事が少ないだけで、これだけ読んでもらうチャンスを逃してしまいますので、集客方法として記事を増やすことはとても大切です。

もちろん記事をたくさん書けば、それだけ読者に伝わる記事の書き方がわかるようになるため、役立つ記事をかけるようになることから集客効果はアップします。

またnote(ノート)では記事数で、書き手の本気度が伝わるという特徴があるプラットフォームですので、記事を増やすことで読んでもらえる可能性は高くなるでしょう。

note(ノート)の集客方法はTwitterの併用が効果的

ここまで解説したnote(ノート)の集客方法は、サービス内で効果を発揮しますが、SNSを併用すれば外部からユーザーを集客することができます。

note(ノート)の集客方法としておすすめのSNSは、拡散力に優れているTwitterでしょう。

Twitterでnote(ノート)を紹介するツイートをアップすれば、フォロワーのタイムラインに表示されます。

フォロワーがリツイートをすれば、さらにそのフォロワーのタイムラインにもnote(ノート)の投稿は表示されるので、幅広いユーザーに拡散することが可能でしょう。

Twitterにはこの他にも固定ツイートがあり、ツイートを固定すると自分のアカウント内のトップに投稿したツイートが表示され続けるためぜひ活用してください。

note(ノート)とブログにおける集客方法の違い

note(ノート)はブログのようにGoogle検索による集客方法はできないのかと疑問を感じている方もいるでしょう。

結論を言うと、note(ノート)も検索上位に表示して、Google検索からの流入をめざすことはできます。

note(ノート)はドメインパワーが強いことで有名ですので、ブログの運営をスタートするよりもはるかにGoogle検索で上位表示をめざしやすいと言えるでしょう。

ただしブログとの違いとして、note(ノート)はGoogle検索の対象になる記事数が抑えられてしまう可能性があります。

特定の検索キーワードに対する検索上位の枠を、莫大なユーザー数で競い合わなければいけません。

一方、ブログはSEO対策したすべての記事を対象に、検索上位からの流入をめざすことができます。

検索上位における枠数の観点から考えるとブログよりもnote(ノート)は集客効果が期待できません。

ただしnote(ノート)の強力なドメインパワーは、個人ブログが一生かかっても構築することが難しいと言われているため、ぜひ恩恵を受けたいところです。

そのためには競合よりも質の高い記事をnote(ノート)で書き、Google検索の上位表示を実現することができれば、継続的に検索結果からの流入をめざせるでしょう。

質の高い記事とは、オリジナリティが高く、読者の悩みを解決できる、新しい発見があるなど、読者にとって有益な情報です。

こちらについてはブログとの共通点になりますが、note(ノート)の記事はただ書くのではなく、読者の目線に立って書くことが集客方法になると言えるでしょう。

note(ノート)の集客方法を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の集客方法について解説しました。

サービス内のハッシュタグの活用と記事数を増やすことは、note(ノート)の集客方法のメインです。

同時にTwitterの拡散効果を活用した集客方法で、外部からの流入をめざしましょう。

集客方法におけるブログとの違いとして、note(ノート)はSEO対策向きではないしくみですが、質の高い記事を書くことでGoogleからの検索流入をめざせる可能性もあります。

Google検索からの流入は継続的な集客効果を狙うことができますが、初心者にはハードルが高いです。

まずはハッシュタグやTwitterを活用しながら読者にとって有益な記事をnote(ノート)で増やしていく集客方法が必要になるため、さっそくはじめてみてはいかがでしょうか。