ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の収入を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)で収入を受け取るしくみがよくわからない。

実際のところ、note(ノート)の収入はどれくらいなの?

収入ランキングなどの情報を見てみたい。

note(ノート)の収入は確定申告して税金を納めなければいけないって本当なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)の収益化のしくみを活用して、収入を得たいとお考えの方や、収入について疑問を抱えている方に向けて解説していきましょう。

note(ノート)の収入を分かりやすく解説

note(ノート)の収入を流れに沿って解説します。

  • 目次1.note(ノート)の収入のしくみ5つ
  • 目次2.収入ランキングからnote(ノート)の収益性はどのくらい?
  • 目次3.収入に応じて確定申告が必要になる

note(ノート)の収入のしくみ5つ

note(ノート)で収入を得るしくみは、大きくわけて5つです。

各収益化のしくみの収入の目安についても解説していきましょう。

有料noteの販売

note(ノート)で収入を得るしくみとして、メイン的なものは有料noteの販売でしょう。

自分で書いた記事をフォロワーや読者に向けてコンテンツ販売し、売り上げがあった場合に収入が発生するしくみです。

有料noteの販売価格は100~10,000円の間で設定できますが、収入の目安は1記事あたり200円~500円くらいが相場と言えるでしょう。

note(ノート)で収入を得るためには、公開時に有料noteとして設定する必要があります。

記事を書いたら「公開設定」に進み、「有料」を選択、販売価格を入力したら、有料エリアを設定して投稿を完了しましょう。

有料マガジン・定期購読マガジンの販売

有料マガジンとは、有料noteをまとめて販売し、まとまった収入を得られるしくみをさしています。

たとえばコミックのように1~10巻までシリーズとして販売したいときにおすすめです。 有料マガジンの販売価格は1つあたりの売上で100円~10,000円、プレミアム会員は上限50,000円で設定できます。

収入の目安としては、単品の有料noteよりもまとめ購入で割引するイメージだと読者はメリットを感じるためおすすめといえるのではないでしょうか。

定期購読マガジンとは、定期配信し月額制で収入を得るしくみで、noteプレミアム会員限定のサービスです。

たとえば日々更新する日記を一定期間継続的に配信したいときに活用できます。

アフィリエイト(Amazonアソシエイト)

note(ノート)のアフィリエイトはAmazonアソシエイト一択で、A8.netやafb、楽天アフィリエイトなどは利用できません。

アフィリエイトとは、Amazonアソシエイトの商品リンクをnote(ノート)に貼り、リンクを経由して読者が商品を購入した場合に、売り上げの一部を収益として受け取れるしくみをさしています。

結論を言うと、note(ノート)のアフィリエイトはおすすめできません。

Amazonアソシエイトのアフィリエイトは審査に合格しなければならず、収入の上限も決まっているため、収益性を伸ばすことが難しくなります。

アフィリエイトで収益化するためにはGoogle検索からの流入をめざす必要があるものの、

そのしくみからnote(ノート)はSEO対策が難しいこともおすすめできない理由と言えます

クリエイターサポート

クリエイターサポートとは、いわゆる投げ銭システムをさしており、クリエイターを応援するための機能です。

無料note(ノート)で収入を得るしくみとしてクリエイターサポートを活用すれば、有料noteと同じく収益化をめざせるでしょう。

クリエイターサポートは1件あたり100~10,000円と、有料noteと同じ収入が期待できるため、積極的に活用したい機能と言えるでしょう。

メンバーシップ

サークルとは、note(ノート)上のオンラインサロンをさしています。

収入は月額制で1ヶ月あたり100~10,000円と、設定金額によって収益性は異なりますが、すでにフォロワーや読者がついているユーザーでなければ利用できないでしょう。

note(ノート)の収入ランキングから収益性はどのくらい?

note(ノート)の収入ランキングから収益性はどのくらいなのかをみていきましょう。

「note会員数が前年比30%増の500万人超に!クリエイターエコノミーの拡大へ。収益など数字公開|note株式会社のプレスリリース」の記事によると、2021年年間売上トップ1,000クリエイターの平均売上667万円です。

さらに2014年4月~2022年3月の間に、1億円以上の収入を得たクリエイターは28人と、ランキング上位者は驚くほど高収入と言えるでしょう。

note(ノート)のクリエイターによる実際の声をみてみても、月間300万円と高収入実現している人がいれば、月間5,000円という収入をコツコツ得ている人もいて収益性は個々によって異なります。

収益化しやすいしくみが整うnote(ノート)で高収入をめざすためには、読者にとって有益性が高く、他の記事にはないオリジナリティの高いコンテンツを提供することが大切です。

note(ノート)は収入に応じて確定申告が必要になる

note(ノート)で収入を得るときの注意点として、所得に応じて確定申告をして税金を納める必要があることを覚えておきましょう。

こちらではわかりやすいようにnote(ノート)の所得のみだった場合を例にあげます。

税制上、給与所得を得ている方はnote(ノート)の年間所得が20万円を超えたら、給与所得を得ていない方は38万円を超えたら確定申告をして税金を納める必要があります。

厳密に、所得と収入は区別されており、収入から経費を相殺した金額を所得として計上する必要があり、上の金額を超えていた場合は確定申告をしてください。

note(ノート)の収入を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の収入を得るしくみとして、多くのユーザーが利用を検討すると予想される、収益性が見込める5つの方法に絞って解説しました。

収入ランキングでは驚くような収益を得ている方もいます。

もしnote(ノート)で大きな収入を見込めるようになった場合は、確定申告をして税金を納めるようにしてください。