ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の手数料を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の手数料は、どのようなものがいくらかかるの?

有料noteの販売にかかる手数料を知って、売上がどのくらいになるのかを把握しておきたい。

最終的にnote(ノート)で受け取れる収益を知るために、手数料はいくらなのか知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は記事を書いて、有料コンテンツとして販売できる、クリエイターを中心に人気のサービスです。

クリエイター同士の交流とコンテンツの作成・販売を目的したnote(ノート)ですが、稼ぐことを目的としている方もいるでしょう。

収益はどれくらいになるのか気になる方に向けて、note(ノート)の手数料について詳しく解説していきます。

note(ノート)の手数料を分かりやすく解説

note(ノート)の手数料を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)の手数料は2つ
  • 目次2.サービス利用料 事務手数料/プラットフォーム利用料
  • 目次3.振込手数料
  • 目次4.手数料以外にかかる費用

note(ノート)の手数料は2つ

note(ノート)の手数料は、以下の2つが発生します。

  • サービス利用料:事務手数料とプラットフォーム利用料
  • 振込手数料

サービス利用料には、事務手数料とプラットフォーム利用料があり、note(ノート)の有料記事の売上に関する手数料になります。

振込手数料は、その名の通りですので、事務手数料やプラットフォーム利用料とは異なります。

いずれもnote(ノート)の売上に対する手数料ですので、

ただ有料コンテンツの販売をしただけで、成果がなく売上が発生しない場合、手数料は発生しないと考えておきましょう。

note(ノート)の手数料 サービス利用料

note(ノート)の売上に関する手数料を、サービス利用料と言い、以下2つの合計額をさしています。

  • 事務手数料
  • プラットフォーム利用料

事務手数料は、有料コンテンツの売上金額から差し引かれる、note(ノート)のサービス利用料のひとつです。

注意点として、事務手数料の負担額は、note(ノート)の有料コンテンツを購入したユーザーの決済手段に依存しており、クリエイター側で選択することはできません。

各決済手段に応じた事務手数料の料率は、以下の通りです。

  • クレジットカード決済:売上金額の5%
  • 携帯キャリア決済:売上金額の15%
  • PayPay決済:売上金額の7%

決済手段による手数料の差額は3倍にものぼるため、ご注意ください。

一方、プラットフォーム利用料も、有料コンテンツの売上金額から相殺される、note(ノート)のサービス手数料です。

プラットフォーム利用料は、売上金額から事務手数料を差し引いた金額から、さらに販売した各コンテンツの料率を乗じた金額になります。

販売した有料コンテンツの種類に応じて、プラットフォーム利用料は異なります。

  • 有料記事・有料マガジン・サポート・メンバーシップ:10%
  • 定期購読マガジン:20%

note(ノート)の売上に関する手数料は、売上金額に上乗せされるのではなく、クリエイターの売上金額から相殺されます。

購入してもらうコンテンツの種類だけでなく、ユーザーの決済手段による影響も大きいため、クリエイターは手数料について心得ておく必要があるでしょう。

では、note(ノート)の売上に関する手数料として、サービス利用料はいくらになるのでしょうか。

ここまでの解説をもとにnote(ノート)のサービス利用料を計算方法をまとめると、以下の通りです。

  • 事務手数料:noteの売上金額×ユーザーの決済手数料の料率5~15%
  • プラットフォーム利用料:(noteの売上金額-事務手数料)×ユーザーの購入したコンテンツに応じた料率
  • サービス利用料:事務手数料+プラットフォーム利用料

この計算方法をもとに、note(ノート)で単価600円の有料記事が10記事が売れて、読者の決済方法がクレジットカードだった場合のサービス利用料と、最終的にクリエイターが受け取れる売上金額を算出していきましょう。

まず事務手数料の計算方法は@600×10記事×5%=300円、プラットフォーム利用料は(6000円-300円)×10%=570円です。

よってサービス利用料は300+570=870円になり、note(ノート)で受け取れる売上金額は、6000円-870円=5130円になります。

note(ノート)の手数料 振込手数料

note(ノート)の振込手数料は、クリエイターが売上金を受け取るときに、一律270円が発生します。

上項で算出した通り、最終的にクリエイターが受け取れる売上金額から振込手数料が相殺されます。

note(ノート)は売上金額の合計が1000円以上になると売上金を受け取れるため、振込手数料を相殺するとクリエイターは最低730円の売上金から手にできることになります。

note(ノート)の手数料以外にかかる費用

note(ノート)は手数料だけでなく、利用するために費用がかかる有料コンテンツがあります。

  • プレミアム会員:月額500円
  • メンバーシップへの参加費:月額100~50,000円 各コミュニティで異なる

各種費用は、クリエイターが負担しなければならず、トータル的なnote(ノート)の収益を減らすことになるため、実質的な手数料と言えます。

プレミアム会員に加入中は、解約しない限り月額500円を継続的に支払うことになるでしょう。

他ユーザーが開設するメンバーシップへの参加費も月額制で、各コミュニティで異なり、コミュニティを退会するまでは継続的に支払い続けることになります。

ただし売上から差し引かれるのではなく、プレミアム会員の月額もメンバシップへの参加費もクレジットカードからの支払いになるため、ご注意ください。

note(ノート)の月額制の有料サービスは、実際の売上金額には影響はないものの、クリエイターのトータル的な収益(資産)を減らすことから手数料として考慮する必要があるでしょう。

note(ノート)の手数料を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の手数料について解説しました。

手数料は大きくわけて2つで、サービス利用料と振込手数料にわかれます。

さらにサービス利用料は、事務手数料とプラットフォーム利用料にわかれており、有料コンテンツの売上金額に対して発生します。

事務手数料は、コンテンツを購入したユーザーの決済手段に応じて発生し、プラットフォーム利用料は、購入したコンテンツの種類に応じて発生します。

そしてサービス利用料は、売上金額から相殺され、さらに振込手数料を差し引いた金額が、クリエイターの受け取れる実質的な売上金額になります。

売上に関する手数料以外にも、note(ノート)の有料コンテンツで各種会費が発生するため、クリエイターの資産に影響を与えることから、実質的な手数料として覚えておく必要があります。