ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の使い方を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の使い方はどのようにすればいいの?

ブログに似ているけれど、note(ノート)の使い方やできることがよくわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は、ブログのように記事を書くことができ、制作したコンテンツのシェアや販売して収益化できるしくみを実装した、クリエイターを中心に利用されているサービスです。

ここではブログとはコンセプトが異なるnote(ノート)の使い方について詳しく解説していきましょう。

note(ノート)の使い方を分かりやすく解説

note(ノート)の使い方を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.使い方の基本は「コンテンツの投稿・販売」「ユーザー同士の交流」
  • 目次2.登録方法
  • 目次3.ログインしてマイページを設定
  • 目次4.投稿方法
  • 目次5.その他の機能

note(ノート)の使い方の基本は「コンテンツの投稿・販売」「ユーザー同士の交流」

note(ノート)の使い方の基本は、以下の通りです。

  • コンテンツの投稿と販売
  • ユーザー同士の交流

クリエイターは、テキスト、画像、つぶやき、音声、動画と5つの記事を作成して、コンテンツとして投稿します。

投稿では、無料投稿と有料投稿から選択でき、有料コンテンツとして投稿すると、読者は購入できるというしくみです。

一見、ブログに見えるnote(ノート)ですが、もっとも大きな違いとして、note(ノート)はクリエイター同士のつながりを作ることを目的としていることです。

お互いの記事を読んでスキやコメントをしたり、フォローしたりとSNSのようにコミュニケーションを図ることができます。

そもそもnote(ノート)は、クリエイターが活動することを目的としているSNSですので、ブログとは異なる使い方ができます。

note(ノート)の使い方 登録方法

note(ノート)の使い方として、まずは登録方法をみていきましょう。

トップページの「新規登録」から登録フォームを開き、メールアドレス・パスワード・note IDを入力して「登録する」をクリックします。

興味あるジャンルとフォローするクリエイターを任意で選択する画面に進み、登録メールあてに認証メールが送られてきたら、登録は完了となります。

なおFacebookまたはTwitterアカウントによる登録方法にも対応しています。

note(ノート)の使い方 ログインしてマイページを設定

note(ノート)の使い方として、まずはログインし、マイページを設定していきましょう。

ログインするとホーム画面が表示され、「フォロー中」からフォローしたクリエイターの投稿をタイムラインで確認する使い方ができます。

つづいて画面右上のプロフィールアイコンをクリックすると、note(ノート)のメニューを表示でき、以下の使い方ができます。

  • クリエイターページの表示や入力
  • 記事、マガジン、画像など投稿済みのコンテンツの確認・編集、メンバーシップの開設・運営
  • 購入やスキをした他ユーザーのコンテンツの確認
  • ダッシュボードから自分の記事へのビュー・スキ、コメントの確認、アカウント設定

まずすべきはクリエイターページの設定ですので、使い方としてプロフィールとヘッダー画像をアップロードして、自己紹介文を入力してください。

便利な機能としてSNSではおなじみのアカウント連携があり、note(ノート)に投稿するとTwitterやFacebookへ自動的にシェアする使い方ができます。

またnote(ノート)独自の使い方として、スキ、フォロー、記事の購入をしてくれたユーザーに対し、お礼のメッセージを表示するリアクション機能があります。

リアクションはクリエイターのセンスが出るところでもあり、おもしろい機能ですので、ぜひ活用してみましょう。

SNS連携とリアクションの使い方は「アカウント設定」から画面の案内に沿って行います。

note(ノート)の使い方 投稿方法

note(ノート)の使い方として、記事の投稿方法をみていきましょう。

画面右上の「投稿」をクリックして、ここではテキストを選択します。

コンテンツの作成画面が表示されるので、まずは見出し画像を設定して、タイトルを入力してください。

そして本文を入力してください。 文章をドラッグすると、ツールバーが表示されるので、テキストを装飾する使い方ができます。

見出しの設定、箇条書き、太字、引用などを設定できます。

また「+」アイコンからも見出し、ファイルや画像、埋め込みなどの挿入、引用などもできるため、充実したコンテンツに仕上げましょう。

記事の作成が完了したら、画面右上の「公開設定」に進み、コンテンツを投稿しましょう。

公開する使い方は、記事への流入をめざすためにハッシュタグを設定します。

「販売設定」から有料・無料の選択、有料の場合は「価格」を設定して、返金設定・目次設定なども任意で行いましょう。

目次設定では、複数の記事をまとめ売りできるマガジンを発刊する使い方もできます。 完了したら無料記事の場合は「投稿」をクリックします。

有料記事の場合は「有料エリアの設定」に進み、無料記事と有料部分の指定を行いましょう。

note(ノート)の使い方 その他の機能

note(ノート)の基本的な使い方についてみていきましたが、さらに充実した機能があります。

クリエイターページの使い方は、クリエイターのポートフォリオの公開ができます。

他のユーザーと交流するため、コンテンツ販売するためのプロフイールページのようなものですので、役割を覚えておきましょう。

note(ノート)ではメンバーシップを開設して、自分を支援や応援してくれるクリエイターとコミュニケーションを図る使い方もできます。

メンバーシップの開設は無料ですが、参加者への特典を準備しなければいけません。

一方、他のクリエイターのメンバーシップに参加する場合は有料ですので月額がかかります。

また有料マガジンのほか、月額制による定期配信を目的とした定期購読マガジンを発行する使い方ができます。

ただし定期購読マガジンの発行は月額500円の有料プレミアムに加入しなければいけません。

有料会員でなくてもnote(ノート)は無料で充実した使い方ができます。

またアプリもリリースされていますが、note(ノート)のアプリは有料記事の販売ができないため、収益化を目的としている方はブラウザ版のnote(ノート)をご利用ください。

note(ノート)の使い方を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の使い方は、コンテンツの作成・投稿とクリエイター同士の交流が中心です。

エディタはシンプルな機能ですが、読まれやすく充実したコンテンツを作成できることは使い方における大きなメリットでしょう。

クリエイターページの実装、スキやフォローのメッセージなど、クリエイター同士の交流も活発にできるしくみが実装されています。

記事として投稿したいものがある方にnote(ノート)はおすすめのサービスと言えるでしょう。