ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)を売る方法のコツを分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)を売る方法のコツはいったい何なの?

なかなかnote(ノート)が売れないけれど、売る方法のコツを知りたい。

あなた今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は記事を作成して有料コンテンツとして販売できますが、クリエイターページからポートフォリオとして公開できるクリエイター向けのサービスです。

充実した機能が実装されているnote(ノート)ですが、そのしくみや機能を理解・活用せずに、収益ばかりにとらわれてしまっている人も多いのではないでしょうか。

こちらではnote(ノート)を売りたいとお考えの方にフル活用してもらうため、売る方法のコツについて詳しく解説していきます。

note(ノート)を売る方法のコツを分かりやすく解説

note(ノート)を売る方法のコツを流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.note(ノート)を売る方法のコツはコンテンツに合った記事を選ぶことから
  • 目次2.売る方法のコツは「コンテンツの売り方」を意識する
  • 目次3.売る方法のコツは「記事のしくみ」を活用する
  • 目次4.note(ノート)を売る方法のコツは集客も必要

note(ノート)を売る方法のコツはコンテンツに合った記事を選ぶことから

note(ノート)を売る方法のコツは、まず以下の中からコンテンツに合った記事を選んで作成をはじめます。

  • テキスト
  • 画像
  • 音声
  • 動画

テキストは、記事の情報を有料コンテンツとして売る方法ですが、写真やイラストなどの画像や、動画を挿入して、記事を充実させることができます。

あくまでもテキストは文章を販売することが目的ですので、挿入した画像や動画はテキスト記事の一部になることから、挿入した画像や動画を売る方法として活用することはできません。

画像や動画を売る方法は、画像記事や動画記事を作成する必要があるため、note(ノート)では「なにを売るのか」を明確にすることが売る方法のコツと言えるでしょう。

note(ノート)を売る方法のコツは「コンテンツの売り方」を意識する

note(ノート)を売る方法のコツは、作成したコンテンツの売り方を意識することも大切です。

  • 有料記事は1記事単位で売る方法:売上金額100~10,000円【プレミアム会員は上限50,000円】/個
  • 有料マガジンは複数の記事をパッケージ売りできる:売上金額100~10,000円【プレミアム会員は上限50,000円】/個
  • 定期購読マガジンは月額制での定期配信による売り方:売上金額100~50,000円/月【プレミアム会員限定】
  • メンバーシップは月額の会費制で記事をサブスクする売り方:売上金額100~50,000円/月
  • クリエイターサポートは投げ銭を収益にできる:売上金額100~10,000円

たとえば有料記事は、1記事単位で売る方法ですので、読者がピンポイントで知りたい情報を売ることができます。

有料マガジンは、たとえばジャンル一連の知識やノウハウやイラスト集、連載小説やマンガなどをパッケージ化し、複数の記事をまとめて売る方法に適しています。

定期購読マガジンは定期配信を目的とした売り方ですので、たとえばテレビ放送のように決めた曜日の時間帯に動画を配信する、メルマガを売る方法として活用できます。

メンバーシップは、クリエイターが開設したコミュニティに月額会費制で入会してもらい、クリエイターが独自に決めた入会特典として、定期配信とともに記事のサブスクを利用できます。

定期購読マガジンは購読中のシリーズ以外はみることができませんが、メンバーシップでは制限がなくすべての記事が見放題になります。

また定期購読マガジンは、プレミアム会員限定の機能ですので、クリエイターは月額500円プレミアム会員に加入しなければいけません。

一方、プレミアム会員に加入すれば、定期購読マガジンの販売だけでなく、有料記事と有料マガジンの販売価格の上限が50,000円にあがります。

たくさん記事を売れる人は、プレミアム会員に加入することがnote(ノート)の収益性アップにつながるため、大きく売る方法のコツと言えます。

そして有料マガジンを売る方法のコツとして、まとめ売りで値引きし、読者にお得感を感じてもらうこともnote(ノート)を売る方法のコツです。

また豊富な売り方ができるため、適材適所で売り方を選択することが、note(ノート)を売る方法のコツと言えるでしょう。

クリエイターサポートは、読者の好意による投げ銭ですので「売る方法」とは異りますが、クリエイターの収益になります。

note(ノート)を売る方法のコツは「記事のしくみ」を活用する

note(ノート)を売る方法のコツは、以下のような記事の2部構成のしくみを活用することも大切です。

  • 無料部分で読者を説得する文章を書く
  • 有料部分で有益な情報を書く

note(ノート)の有料記事は2部構成になっていて、記事の前半を無料で読ませてから、後半を有料にして売る方法になります。

有料マガジンは、たとえば1記事目を無料にして、残りは有料にして売ることができます。

記事のしくみを活用して、無料部分で読者を説得して、有料部分で有益な情報を書く方法は、note(ノート)を売る方法のコツとして大切です。

また記事の情報は読者の悩みを解決できる、新たな発見になるなど、有益な情報を提供する必要があります。

ただし検索すれば見つかる情報にお金を払う人はいないため、note(ノート)を売る方法のコツとして、読者が体験した内容を書きましょう。

体験した内容を書けばオリジナルの情報になりますし、さらに具体的に書くことで読者にささる文章に仕上げることができます。

note(ノート)を売る方法のコツは集客も必要

note(ノート)を売る方法のコツは、記事への集客も必要になりますが、以下の方法が効果的です。

  • ハッシュタグをつける
  • フォロワーを増やす
  • 投稿時間を意識する
  • Twitterで拡散する

まずは記事に、よくnote(ノート)で利用されているハッシュタグを「公開設定」から検索して選び、設定しましょう。

note(ノート)はクリエイター同士の交流を目的としたプラットフォームですので、記事を読んでもらうためにフォロワーを増やします。

積極的にスキやフォローをする、記事の内容を充実させて無料記事の更新もするなどがあげられます。

また読者からの「スキ」へのお礼文は、クリエイターの個性を感じる部分のため、フォロワー獲得のコツとしてぜひ活用したいところでしょう。

投稿記事をタイムラインで表示するnote(ノート)は投稿時間も意識することもコツになるため、アクティブユーザー率の高い夕方以降や土日の時間での投稿をおすすめします。

外部からの流入を増やすために、note(ノート)をTwitterで拡散しましょう。

note(ノート)は拡散力には優れているとは言えないため、みずから集客することが売る方法のコツと言えます。

note(ノート)を売る方法のコツを分かりやすく解説まとめ

note(ノート)を売る方法のコツを解説しました。

収益化のしくみや記事の売り方が充実しているため、note(ノート)は収益化をめざしやすいと言えるでしょう。

ただしGoogle検索を味方にできないnote(ノート)は、収益化をめざしているだけの方にとって売り上げを作りにくいシステムとも言えます。

note(ノート)のコンセプトや売る方法のコツをきちんとつかみ、実装されている機能をフル活用することで、収益をめざすことができるのではないでしょうか。