ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)は読まれる?読まれない?を分かりやすく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)は読まれる?それとも読まれない?その違いについて詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)を続けているけれどなかなか読まれない方は、どのようにしたら読まれるのか疑問を感じているでしょう。

一方note(ノート)を始めたばかりの方は、読まれるためのコツを知りたいとお考えではないでしょうか。

note(ノート)には読まれる記事があるものの、自分の記事が読まれないことに不安を感じている方に向けて、読まれる記事の書き方や読まれない原因について解説していきましょう。

note(ノート)で読まれる?読まれない?を分かりやすく解説

note(ノート)で読まれる?読まれない?を流れに沿って解説します。

  • 目次1.note(ノート)は読まれる? 読まれない?その分かれ道はコンテンツの内容
  • 目次2.読まれない理由は読者の目にとまるきっかけがないから

note(ノート)は読まれる? 読まれない?その分かれ道はコンテンツの内容

note(ノート)は読まれるのかそれとも読まれないのか、それには分かれ道があります。

まず読まれる記事は、読者にとって得るものがあります。

すでに抱えている悩みを解決できる、あらたな発見や驚きがあるコンテンツは、note(ノート)で読まれる可能性が高いでしょう。

note(ノート)で読まれるコンテンツの内容は悩みや疑問を解決できること

読者がnote(ノート)の記事を読むきっかけとしてもっとも多いのは、悩みや疑問を解決できることです。

ただし他にもあるような内容のコンテンツでは、note(ノート)は読まれない可能性が高くなります。

一方、ここでなければ得られない情報であれば、読者が読むきっかけにつながります。

「ここでなければ得られない情報」とはクリエイターの経験を生かしたオリジナルの情報をさします。

自分の経験をコンテンツにして読者に提供すれば、読まれるnote(ノート)を書くことができるでしょう。

読まれるnote(ノート)はあたらな発見や驚きがある

ではもうひとつ、あたらな発見や驚きがあるコンテンツも、note(ノート)で読まれる可能性が高いです。

「そもそも新しいことにチャレンジしていないし、人に発見や驚きを与えるような価値なんて持ち合わせていない」 このようにお考えの方もいるでしょうが、そのようなことはありません。

自分では当たり前だったとしても、人にとっては当たり前でないことも多くあります。

他人が持ち合わせていない視点から物事をみてもらい、あらたに発見してもらえるような記事も、note(ノート)で読まれる可能性が高くなります。

note(ノート)が読まれない理由は読者の目にとまるきっかけがないから

読まれるために有益なnote(ノート)を書いたつもりなのに読まれないという場合は、読者の目にとまるきっかけがないおそれがあります。

note(ノート)はブログのように文章を書くことができる一方、読まれるためにSNSのようなハッシュタグ検索や読者からのフォローが必要になります。

サービス内のクリエイター同士でnote(ノート)を読み合うという特徴がある一方、新着記事として紹介されることもないため、初心者のコンテンツは読まれない可能性が高くなります。

そこで読まれない記事を読まれるようにするための解決方法についても、詳しくみていきましょう。

クリックしたくなるタイトルをつけるとnote(ノート)を読まれる可能性が高くなる

読者はまずnote(ノート)のタイトルをみて、読むのかどうかを判断します。

興味をひかないタイトルでは読まれないどころか、クリックすらしてもらえません。

そこでコンテンツの内容が一目でわかるタイトルをつけましょう。

キャッチーなものがよいですが、初心者には難しいため、

できるだけ簡潔に記事の内容が伝わるタイトルをつけることで、初心者のnote(ノート)でも読まれる可能性は高くなります。

note(ノート)にハッシュタグをつける

note(ノート)の記事を投稿するときに、ハッシュタグをつけましょう。

読者がnote(ノート)でハッシュタグ検索をしたときに、自分のコンテンツが表示される可能性が高くなり、読まれるきっかけを作ることができます。

note(ノート)のスキやフォローを活用する

また読まれないnote(ノート)を読んでもらうためのきっかけとして、スキやフォローを活用しましょう。

すでに活動しているクリエイターが初心者にスキをしたり、フォローを返したりすることは、よほどよい記事でもない限りありません。

しかしスキやフォローをきっかけに記事や自分の存在を知らせることができるため、わずかながらnote(ノート)を読まれる可能性は高くなります。

note(ノート)の記事数を増やす

一方、読まれる記事にするためにはフォローも需要ですが、無名なうえ書いた記事数も少ない初心者をフォローするクリエイターはそうそういません。

そこでフォローしてもらうためには、note(ノート)のコンテンツの内容が有益であることと同時に、記事数を増やすことも大切です。

note(ノート)では記事数を基準にクリエイターの本気度を測るというユーザー内のマイナーな指標があるためです。

記事数が増えれば、自分の記事を見つけてもらうきっかけにつながるため、間接的に読まれる可能性を高めることができます。

また記事を書いているうちに、読みやすくわかりやすいコンテンツを届けることができるようになります。

note(ノート)はスキやフォロー、コメントなどから読者の反応を確認できるようになるため、書いているうちに読まれる記事の書き方がわかるようになるでしょう。

読まれる記事として大切なことは、誰に何を届けるのかとコンセプトを明確にして、読みやすい文章を書く訓練が必要です。

note(ノート)で読まれる?読まれない?を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)で読まれるのか読まれないのかについて解説しました。

読まれないのは、コンテンツの内容に問題があるからです。

一方、note(ノート)ではよい記事を書いても、初心者の間は読まれないという特徴があることを覚えておきましょう。

そのためには、読者の目をひくタイトルをつける、ハッシュタグやフォローを活用する、記事数を増やすなど、コンテンツが読まれるために工夫する必要もあります。

逆にどんなに拡散しても、読者にとって得るものも発見もなければ、読まれない記事になってしまいます。

1日で読まれるnote(ノート)を書くことは難しいです。

まずはコンテンツのコンセプトを明確にし、記事をたくさん書いていくことを繰り返すことからはじめていきましょう。

これで徐々に読まれる記事を書けるようになります。