ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

note(ノート)の有料記事が売れない原因はいったいなに?

有料記事が売れるための解決方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

note(ノート)は有料記事を書いて、自分の知識や経験をコンテンツとして売ることができるプラットフォームです。

まずは有料記事が売れない原因がわからなければ、解決方法を導き出すことはできません。

ここではnote(ノート)の有料記事が売れない原因を明確にして、解決方法について解説していきましょう。

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法を分かりやすく解説

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法を流れに沿って解説します。

  • 目次1.内容がありきたりで薄い
  • 目次2.読者を説得できていない
  • 目次3.集客が甘い

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法 内容がありきたりで薄い

note(ノート)の有料記事が売れない原因は、内容がありきたりで薄いことです。

誰でもかけそうで、どこのサイトでも見つけられる内容の記事では、読者はコンテンツを購入する意味を感じません。

たとえばインターネット上の情報をとりまとめてリライトしたようなコンテンツです。

情報を深追いしてまとめた記事を書いたとしても、インターネットで検索すればどこかのサイトでも見つけられる情報ですし、誰でも書ける内容になります。

このため、読者はここで購入する必要はないと判断しますので、有料記事が売れない原因になるでしょう。

無料noteやブログのように無料で読めるコンテンツならまだしも、note(ノート)の有料記事はお金を支払わなければ読むことはできません。

このため有料記事を購入してでも読みたいと思ってもらう必要があるため、価値ある情報を提供できるコンテンツを書く必要があります。

解決方法として、自分にしか書けない内容であり、ここでしか手に入らない情報を提供することができるnote(ノート)を書きましょう。

「自分だけにしか書けない内容」であり「ここでしか手に入らない情報」とは、すなわちクリエイターの経験をもとにした情報です。

経験をもとにした内容は、第一情報のため、他のサイトで見つけることができないオリジナルの情報になります。

また実体験があるため具体的に記事を書くことができ、情報にも説得力が増し、わかりやすいコンテンツになります。

すなわちnote(ノート)の有料記事が売れない場合の解決方法は「経験を文章にして売る」ことでしょう。

有料記事を書くときは、売ることではなく価値を提供することに集中してください。

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法 読者を説得できていない

note(ノート)の有料記事が売れない原因は、読者を説得できていないことでしょう。

読者はあらたな発見を求めて記事を読んでいる人もいますが、基本的に自分の悩みを解決できる記事を求めているため、これらはnote(ノート)でよく売れる有料記事の内容になります。

しかし記事を買うまでには至らないというケースも多く、その原因として読者を説得できていないことがあげられます。

解決方法は、有料記事を購入しなければいけない理由をきちんと読者に伝えることですが、前項で解説した通り、記事の内容があきりたりで薄いのでは有料記事は売れないでしょう。

そこで「経験を文章にして売る」ことを念頭に置いたうえで、note(ノート)のしくみを活用しましょう。

note(ノート)のコンテンツは2部構成になっており、前半は無料で読める記事、後半は有料記事になります。

前半の記事で、後半の有料記事を読みたいと思ってもらえるように説得できる記事を書く必要があるのです。

内容としては、この記事を購入することでどのような悩みを解決できるのかを書きましょう。

そしてこの記事を購入しなければいけない理由や必要性についても書かなければいけません。

まずは軽く解決策を提示して、これを実践したらどのような悩みからどのように解放されるのか、どのくらいで効果が出るのか、書き手が試してどうだったのか、などを実体験をもとに具体的に書きましょう。

これで読者に突き刺さる記事を書くことができるうえ、ここでnote(ノート)を購入する理由を見つけてもらうことができます。

読者がお金を払ってでもつづきを読みたいと思えるように、書き手のの経験をもとにできるだけ具体的に悩みを解決するための記事をかきましょう。

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法 集客が甘い

ここまではnote(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法として、コンテンツの内容にフォーカスしてきました。

コンテンツの内容のは有料記事を売るために大切ですが、どんなに内容や情報がよくても集客が甘ければ、note(ノート)の有料記事が売れない原因になります。

そこで積極的に集客することを意識しましょう。

集客が甘くなってしまう原因は、note(ノート)の記事はフォロワーに読んでもらうしくみになっているためです。

ブログのように新着記事のように紹介されるわけではないため、初心者の頃はnote(ノート)で記事を書いても誰にも読んでもらえません。

そこで解決方法として、note(ノート)の記事にハッシュタグをつけましょう。

ハッシュタグ検索で記事を見つけてもらうことができるため、集客につながりやすくなり記事の内容に興味があるユーザーに有料記事を買ってもらえる可能性が高まります。

また他のクリエイターの記事にスキやアカウントをフォローすることで自分の存在を知らせることができるため、初心者の集客の一環として活用できるでしょう。

もうひとつ、ツイッターで有料記事を紹介する投稿をすれば、note(ノート)の外部でも拡散できるため強くおすすめします。

SNSの中でもツイッターは拡散力に優れたサービスですので集客につながりやすく、

note(ノート)の記事の内容が読者に突き刺さるものであれば、有料記事を売ることができるでしょう。

note(ノート)の有料記事が売れない原因と解決方法を分かりやすく解説まとめ

note(ノート)の有料記事が売れない原因は、内容がありきたりで薄い、読者を説得できていない、集客が甘いことがあげられます。

読者にとって有料記事を買うことは「お金で価値を買う」ことですので、対価として記事の内容が伴っている必要があるでしょう。

有料記事を買ってもらうために読者を説得する必要がありますが、そのためには読者の疑問を解決できる内容でなければいけません。

また記事の内容がどんなによくても、見つけてもらうことができなければ売ることはできないため、集客することも大切な解決方法のひとつと言えるでしょう。