ゼロからはじめるクレジットカード

バンドルカードやクレジットカードの情報を発信しています

バンドルカードの返金方法を詳しく解説

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

>>バンドルカードはアプリをダウンロードしてすぐに利用可能♪

急な用事でお金が足りない方やクレジットカード払いをしたいけどカードを持っていない方も、バンドルカードを最短1分でダウンロードして使ってみよう☆

>>バンドルカードのダウンロードはこちらから☆

f:id:zero_requiem21:20190214123640j:plain

スマホアプリをインストールして登録手続きを行えば即バーチャルカードが発行されるバンドルカード。

Amazonや楽天市場などでのお買い物にすぐに利用できるため、クレジットカードを持っていない人でもすぐに決済を行えるのが魅力です。

しかしバンドルカードを利用してネットショッピングやゲーム課金の決済をしたけれど、返品やキャンセルになったので返金してほしいという人もいるでしょう。

またバンドルカードの途中解約を希望して、カード内に残っているチャージ残高を返金してほしいと考えている人もいるかもしれませんね。

今回は、バンドルカードのチャージ金額などの返金方法について詳しく調べてみました。

バンドルカードの返金方法を詳しく解説

クレジットカードのような審査も不要で手軽に発行することができるバンドルカードは、事前にチャージが必要なプリペイドタイプのVisaカードです。

そんなバンドルカードを利用していると、チャージ金額を返金してほしいとかバンドルカードで決済した分をキャンセルまたは返品したのでお金を返金してほしいと考えている人もいるでしょう。

バンドルカードを利用している場合、返金できるかどうかは利用状況によっても異なります。

解約や退会によりチャージ金額の返金を求めることはできない

まずバンドルカードにてバーチャルカードまたはリアルカードを発行している人が、カード解約に伴いチャージ金額の払い戻しをしたいというパターンについてです。

すでにチャージ残高として入金してある金額分を、解約や退会などを理由に現金に戻してもらうということはできません。

そのためチャージ残高が残った状態で解約手続きを完了させれば、残っていたチャージ分はゼロになり手元に戻ってくることはないでしょう。

バンドルカードでチャージ残高分を残したまま解約手続きをすると、チャージ金額は戻ってこないので必ずチャージ金額はバンドルカード内で使い切ることを心がけてください。

ただしバンドルカードを一時停止した場合にはチャージ分はしっかり残っているので、一時停止を解除して利用を再開すれば再びチャージ残高として利用することができます。

商品購入などをキャンセル・返品した場合にはチャージ残高として返金されるが条件が多い

バンドルカードを利用して、Amazonなどで商品を購入したけれど返品・キャンセルなどが発生した場合、バンドルカードのチャージ残高として返金がされるようになっています。

ただし、返金までにかかる所要時間が非常に長く、バンドルカードユーザーからは不満の声も上がっているようです。

バンドルカードの支払のキャンセルによる払い戻しは、ほとんどの場合は支払から46日前後に返金されます。

46日前後ということは、返金までにおよそ1ヶ月半ほどの所要時間がかかってしまうということです。

なぜこのように長い期間が返金手続きにかかってしまうのかといえば、加盟店が返金伝票を作成するなどの返金処理に時間がかかってしまうのが大きな理由となっています。

加盟店からの返金伝票がきたら返金処理を行う流れになっているのですが、多くの加盟店ではユーザーがキャンセルしても返金伝票をカード会社に送ってこないため、その場合に46日前後が返金にかかってしまうようです。

つまり加盟店からの返品伝票がバンドルカード側に早く届けば、その分返金の処理が早くなるということになります。

しかし返品処理を早くしてほしい人の中には、バンドルカードと商品取引をした業者の両方に連絡を取っている人もいました。

両方に連絡は取ってみたものの、なかなか返金手続きはうまく進まずに話が進まない状況が続いているようですね。

商品の購入先によっては、スムーズに返品処理をしてくれるところもあるのかもしれないのですが、多くのネットショッピングモールなどでは一旦返金となればかなり時間がかかってしまうところがほとんどです。

バンドルカードへの返金が46日も待てないという人であれば、決済を行なったサービス業者側に連絡を取ってみるのも有効ですが、必ずしも返金が早くなるとは限らないようですね。

さらには、バンドルカードの返金手続きを待っているけれど、およそ1ヶ月半以上の返金までの期間が待てないという人も多くなっていました。

そのため返金手続きを待たずにポチっとチャージなどを利用して、ついつい先にチャージを行なってしまうという自体に陥ってしまうことが多いようです。

チャージ残高として返金を待たずにポチっとチャージを利用してしまうと、ポチっとチャージ分の利用手数料がかかってしまうため注意してください。

バンドルカードの返金方法で疑問があればサポートセンターへの問い合わせがおすすめ

バンドルカードの返金は、状況に応じて可能な場合もありますが1ヶ月半以上の時間がかかってしまうことも多くなっています。

そのため急いで手続きをしたい場合やわからないことがあれば、すぐにバンドルカードのサポートセンターへ問い合わせをしてみるのがおすすめです。

アプリからサポートセンターへ問い合わせることもできますし、Twitterの公式アカウントから問い合わせをすることもできますよ。

バンドルカードの返金方法を詳しく解説まとめ

今回は、バンドルカードの返金方法を詳しく解説してきました。

バンドルカードで決済を行った後に取引をキャンセルしたり返品になった場合のみ、バンドルカードの返金が認められます。

ただしバンドルカードの返金は現金ではなく、チャージ残高として返金されるので注意してください。

またバンドルカードの返金が完了するのには、およそ1ヶ月半ほどの期間がかかってしまうことが多いようです。

1ヶ月半以上待っても返金手続きがされないような場合には、バンドルカードのサポートセンターに問い合わせをしてみるのも良いでしょう。